【動画付き・中級】PowerPoint|厳選ショートカット12選(Windows版)


Warning: 再利用可能ブロック CTA をレンダリングできませんでした: ブロックはブロック自身の内部でレンダリングできません。 in /home/osanai/youseful.jp/public_html/wp-includes/blocks/block.php on line 35

PowerPointとは、Microsoftのプレゼンテーションソフトであり、企画書の作成など幅広く使われているビジネスの必須ツールです。

この記事ではPowerPointを使ったことがある方に向けて「PowerPoint中級」と題して、生産性が段違いに向上する「12つのショートカット技まとめ」について解説します。

前回の記事はこちら

あわせて読みたい
【動画付き・初級】PowerPoint|作業効率を上げるスライドマスター・ノートの設定方法 PowerPointとは、Microsoftのプレゼンテーションソフトであり、企画書の作成など幅広く使われているビジネスの必須ツールです。 この記事ではPowerPointを使ったことが...
目次

PowerPointのショートカットとは何か

PowerPointにはショートカット機能が用意されています。

スライド作成時によく使う「文字揃えや書式のコピー&ペースト」などの機能は、マウスで行うと3クリック以上必要です。ショートカット機能を用いれば、キーボードをわずか1回押すだけで利用することが可能です。何枚ものスライドに同じ機能を適応させなければいけないときには、大きな時間短縮につながります。

今回の記事では、Windows版のPowerPointにて、スライド作成で特によく使うショートカット12選を紹介します。

図形内の文字を揃える

図形内の文字を揃えたいときのショートカットです。

方法

揃えたい文字を選択した状態で

  • 左に揃える: Ctrl+L        
  • 右に揃える: Ctrl+E
  • 中央に揃える: Ctrl+R
文字揃えを行うショートカット

Ctrl+Lで左に揃えると、このように文字が左揃えになります。

文字が左揃えになっている

図形を拡大・縮小する

図形を拡大・縮小したいときは、ショートカットを用いることで細かくサイズを変更できます。

方法

変更したい図形を選択した状態で

  • 縦方向に拡大: Shift+上カーソル
  • 縦方向に縮小: Shift+下カーソル
  • 横方向に拡大: Shift+右カーソル
  • 横方向に縮小: Shift+左カーソル
図形の拡大・縮小を行うショートカット

Shift+右カーソルで図形が横に拡大されます。

図形が横方向に拡大されている

書式をコピー・貼り付けする

文字の書式(フォントやフォントサイズ等の装飾)のみのコピーと貼り付けのショートカットです。

方法

コピーしたい書式の文字を選択した状態で

  • 書式のコピー: Ctrl+Shift+C

書式を適応したい文字を選択した状態で

  • 書式の貼り付け: Ctrl+Shift+V
書式のコピー・貼り付けのショートカット

上の「高橋真梨子先生」のフォントはHG創英角ポップ体で、下の「高橋真梨子先生」のフォントは魚石行書を用いています。下の「高橋」の部分だけ上の「高橋真梨子先生」の書式をコピーしました。

文字の書式が「高橋」に適応されている

図形を複製する

全く同じ図形を複製したいときのショートカットです。

方法

複製したい図形を選択した状態で

  • Ctrl+D
図形を複製するショートカット

Ctrl+Dで図形の複製を行うことができます。

図形が複製されている

図形を水平・垂直に移動させる

図形を移動させるとき、高さを変えずに横方向だけに移動させたい場合のショートカットです。

方法

移動させたい図形を選択した状態で

  • Shiftを押しながらドラッグ
図形を水平・垂直に移動させるショートカット

高さは変わらずに横に動かすことができます。

図形が水平に移動されている

図形を回転させる

図形を回転させたい場合のショートカットです。

方法

回転させたい図形を選んだ状態で

  • Alt+左右のカーソルキー
図形を回転させるショートカット

Alt+⇨(右カーソルキー)で右に回転します。

図形が右向きに回転されている

図形を複数選択する

図形をまとめて操作・編集したいときに用いる、複数選択を行う機能です。

方法
  • Shiftを押しながら選択
図形を複数選択するショートカット

Shiftを押しながら選択で複数選択できるようになります。

図形が複数選択されている

複数の図形をグループ化・解除する

複数の図形を一つのグループにする「グループ化」のショートカットです。

手順

グループ化したい図形を複数選択した状態で

  • グループ化: Ctrl+G
  • グループ化解除: Ctrl+Shift+G
複数の図形をグループ化するショートカット

Ctrl+Gでグループ化された状態になりました。

複数図形がグループ化されている

複数の図形を整列する

Altキーを使うと、マウスを使わずにタブを変更することができるなど、あらゆるショートカットができます。その一例として図形の整列を紹介します。

方法

整列させたい複数の図形を選択した状態で

  • Alt+JD+AA+〇〇
図形を整列させるショートカット

Alt+JD+AA+H で左右に整列した後、Alt+JD+AA+M で上下中央揃えを用いて整列させました。

複数図形が整列されている

Altキーのショートカットの使い方

Altキーは上記で記述した通りPowerPointのショートカットでは欠かすことのできない機能です。今回、Altキーを用いて図形を整列させた場合、どのように画面が遷移しているのか画面のキャプチャを参考にしながら、その使い方を解説します。

まず、Altキーを押すと、このように、PowerPoint上のタブや機能の上に英数字が表示されます。

Altキーを押したときの画面の表示

JDを押すと、[図形の書式]メニューを開くことができます。

JDを押したときの画面の表示

AAを2回押すと、[配置]メニューが開かれます。

AAを押したときの画面の表示

最後にHを押すと、左右に整列されました。

Hを押したときの画面の表示

このように、Altキーを用いれば、直感的にキーボードのみでPowerPointのあらゆる機能を使うことができるようになります。

リボンを表示・非表示させる

PowerPoint画面上部のタブやメニューが書かれている部分をリボンといいます。図形の細かい修正など画面いっぱいにスライドを表示して作業したい際にはこちらのリボンが邪魔になります。このリボンを非表示にするショートカットです。

方法
  • 表示/非表示: Ctrl+F1
リボンを表示するショートカット

Ctrl+F1を押すと、リボンが非表示になりました。

リボンが非表示になっている

スライドショーを開始・終了する

プレゼンテーションに用いる「スライドショー」もショートカットで開始できます。

手順
  • 開始:F5
  • 終了:Esc
  • 開いているスライドから開始:Shift+F5
スライドショーを開始するショートカット

Shift+F5を押すと、今開いているスライドからスライドショーが始まります。

スライドショーが開始されている

スクリーンを一時的に白く・黒くする

プレゼンテーションが上手な人は、質疑応答の際スクリーンに関係のないスライドが表示されるのを防ぐため、スクリーンを白く表示させています。ショートカットで落ち着きを演出しましょう。

手順

スライドショーを表示している状態で

  • 白くする:W
  • 黒くする:B
スクリーンを一時的に白くするショートカット

Wを押すことで画面が白くなります。

まとめ

今回は、「PowerPoint中級」と題して、生産性が段違いに向上する「12つのショートカット技まとめ」について解説しました。

※本記事はYouTube『ユースフル / スキルの図書館』チャンネルより、以下の動画を記事にまとめたものです。

Yousefulでは、ITスキルを身につけたい全てのビジネスマンに向けて、以下の活動をしています。

YouTubeチャンネル

ビジネスの現場で明日から役立つ「Micrsoft Officeツールの活用法」を紹介しています。

動画でさらに学びたいと思った方は、以下のリンクをクリック!

https://www.youtube.com/channel/UCRpRQ48LGfMpYojZo7Srabg

ExcelPro(エクセルプロ)

さらに、本気でITスキルを高めたいと思った方はこちら。

ITスキルのプロ集団Yousefulが提供する、職場で求められるエクセルスキルを短期集中で身につける有料講座ExcelPro(エクセルプロ)

気に入ったらシェア!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

記事をお読みいただきありがとうございます!ユースフル編集部では、Excelをはじめとするマイクロソフト製品の活用法をわかりやすく紹介しています。ご興味ある方は、ぜひ他の記事もご覧ください!

目次
閉じる