【PC講師監修】エクセルVBAを独学でマスターする方法を徹底解説!

エクセルやパワポを普段の業務で使っている人は多いと思います。ではそのMS Officeの機能の1つであるVBAというプログラミング言語は使っていますか。VBAでプログラミングができれば複雑な処理の自動化など業務の効率化が行えます。

今回はそのVBAについて、学習方法から独学でマスター可能かどうかまで徹底解説していきます。

監修者のご紹介

Osaさんアイコン

長内 孝平 -Osanai Kohei-
▼経歴
・神戸大学経営学部卒
・伊藤忠商事株式会社出身
・Youseful(株)代表取締役
▼主な功績
・2021年 Microsoft社よりMicrosoft MVPに選出
・登録者30万人超の日本最大級ビジネス教育YouTube「ユースフル」を運営
・10万部突破のベストセラー「Excel 現場の教科書」著

目次

VBAの概要

VBAとは

VBA( Visual Basic for Applications)とはMicrosoftがMS Officeの拡張機能として提供しているプログラミング言語です。このVBAの説明の前にまず「マクロ」の説明をします。

マクロとはExcelなどの操作を自動化する機能そのものを指します。VBAは、このマクロを保存してアプリケーションに正確に伝えるためのプログラミング言語です。マクロとして実行させたい機能をVBAで記述します。

VBAの難易度

VBAの習得難易度はどれくらいか見ていきます。

学習の難易度

VBAは非常に学びやすいプログラミング言語と言われています。

その理由は大きく3つあります。

理由1 複雑ではない

VBAの文法は非常にシンプルで分かりやすいものです。またjavaのように複雑なオブジェクト指向はありません。

さらに他のプログラミング言語の文法と大きくかけ離れているということもないので、プログラミング経験者であれば簡単に習得できます。

理由2 イメージしやすい

VBAはExcelなどのMS Officeの操作を自動化します。そして仕事や学校でofficeのソフトを使ったことがある人は多いと思います。つまり、見慣れた画面でプログラミングができます。またExcelは広く利用されているのでどんなことができるか想像しやすいですし、どう使いたいか、仕事にどうあてはめられるかイメージしやすいと思います。

理由3 はじめやすい

VBAはExcelがインストールされているパソコンであればすぐに、タダで始めることができます。いろいろインストールして自分でプログラミング環境を構築する必要はありません。複雑な初期設定もいらず無料で使えるプログラミング言語なのでプログラミング初心者でも始めやすい言語といえます。

独学で学習可能?

結論、独学で充分習得できる言語と言えます。理由は上記の通り、VBAは初心者にとっても難しい言語ではないからです。

ただし初心者が書籍で学習するのは危険です。動画で操作画面を実際に見ないと理解できない、操作をイメージしにくいといったことが考えられ、学習につまずいてしまう可能性があるからです。

またYouTubeなどの動画を見るだけでの学習は問題点もあります。

実際にプログラミング時エラーが発生したとき、自分で解決しようとすると調べるのに時間がかかったり、結局解決できなかったりする場合もあります。このような疑問点を人に聞いてすぐに解消できないという問題点があります。

また自分ひとりでコツコツ動画をみて学習していくのはモチベーション維持が大変です。

つまり「できる限り質問できる環境で、体系的に学んでいく」ことがVBA独学の効率化となります。ユースフルではVBA学習の動画講座を提供しておりますので、ぜひ気になる方は受講してみてください。

\14日間全額返金保証つき/

Excel動画講座

\14日間全額返金保証つき/

VBAを学ぶメリット

学ぶメリット

VBAを学ぶメリットにはどのようなものがあるか見ていきましょう。

①officeの作業を効率化できる

VBAのメリットとして最も大きいのは作業を効率化できることでしょう。VBAでプログラミングすることによって手作業では数時間かかるような作業でも自動化することができます。

②使用頻度が高い

Microsoft officeを使用している企業は多いです。VBAでofficeソフトを自動化できるようになれば様々な職場で活躍できる可能性は高いでしょう。

VBAの資格

VBAをせっかく学ぶなら資格も欲しいと思う方はいらっしゃるでしょう。VBAのスキルの証明の資格にはVBAエキスパートと呼ばれる資格があります。

VBAエキスパートには2つのレベル(ベーシック・スタンダード)と2つのツール(Excel・Access)あわせて4つの種類の試験があります。以下はベーシックの試験概要です。

項目内容
問題数40問前後
出題形式選択肢形式、ドロップダウンリスト形式、クリック形式、ドラッグ&ドロップ形式、穴埋め記述形式
VBAエキスパート出題形式の詳細はこちら
試験方法コンピューター上で実施するCBT(Computer Based Testing)形式
試験時間50分
合格基準650〜800点(1000点満点) 問題の難易度によって上下します
受験料(一般)13,200円(税込)
受験料(割引受験制度適用)11,880円(税込)※対象の資格を取得している方は割引価格で受験できます。
詳細はこちらからご覧になれます。

スタンダードはベーシックレベルよりも高度なマクロを読解・記述する能力を診断します。

上記の「問題数〜合格基準」は同じで、受験料だけ異なります。

VBAの勉強方法

VBAの勉強方法を3つ紹介します。

書籍

費用もそれほどかからず、自分のペースで学習を進めることができます。自分で計画を立てて学習できる人にはおすすめです。

しかし書籍の内容をすべて自力で理解し、独自でパソコンでアウトプットして操作をマスターする必要があります。テキストベースで内容を理解しにくい可能性があるので、自分に合った書籍を選ぶ必要があります。

YouTubeなどの動画

YouTubeなど無料で利用できる動画を使って学習します。費用もかからず動画で学習できるので理解しやすいのがポイントです。

しかし実際に自分の手でプログラミングを動かすとエラーが発生することもあります。そのような疑問点を質問できないことがデメリットとしてあります。

オンライン講座

オンライン講座は動画で学習する点は②と変わりません。しかし一番大きな違いは疑問点を逐一質問できる点です。プログラミング初心者は分からない点がたくさん出てくるので、それを丁寧に解消できる点がおススメです。さらに、費用も安く、学習も好きなタイミングで取り組めます。

プログラミング初心者で誰かに教えてもらいたいという方はオンライン講座がおすすめです。

独学で学ぶポイント

プログラミングを習得するコツは実際に手を動かしてコードを書くということです。本を読んだり動画を見て理解できたつもりになっても実際にコードが書けなければ意味がありません。

自分で手を動かして書いているとエラーが発生して上手くいかないことも多いでしょう。特にプログラミング初心者はなぜ動かないのか理解できなかったり解決できなかったりすることが多いと思います。そのような方に1番おすすめの学習方法はオンライン講座です。動画で人に教えてもらって理解し、実際に手を動かしてコードを書き、疑問点は質問するという流れで学習でき初心者でもつまずくことなく習得していけるからです。

ここまで読んでオンライン講座で学習してみようと思った方におすすめな講座がユースフルが提供しているExcel Proです。豊富な動画コンテンツに加え演習問題も充実しておりアウトプットをたくさん積むことができます。また進捗管理や質問対応など充実したサポートを受けることができます。

\14日間全額返金保証つき/

Excel動画講座

\14日間全額返金保証つき/

まとめ

最後までお読みいただきありがとうございました。

VBAの学習方法は理解できたでしょうか。ぜひユースフルのExcel ProでVBAをマスターして作業を効率化できるようにしましょう。

\14日間全額返金保証つき/

Excel動画講座

\14日間全額返金保証つき/

Freepik – jp.freepik.com によって作成された technology ベクトル
気に入ったらシェア!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

記事をお読みいただきありがとうございます!ユースフル編集部では、Excelをはじめとするマイクロソフト製品の活用法をわかりやすく紹介しています。ご興味ある方は、ぜひ他の記事もご覧ください!

目次
閉じる