【動画付き #13】ExcelのCOUNTIFS関数を徹底解説!複数条件に一致するデータ数を一瞬で計上

Excel#13アイキャッチ
この記事を読んでわかること
  • COUNTIFS関数の機能
  • COUNTIFS関数の使い方
  • COUNTIFS関数を使う際のポイント・注意点

実務でExcelを使う際には、条件に当てはまるデータのみを数えたい場合もあります。そこで使えるのが、特定の文字列や数値など、指定した条件に合ったセルの数を数えてくれる関数「COUNTIFS関数」です。

本記事では、この「COUNTIFS関数」についてご紹介します。

本記事はYouTube『ユースフル/ スキルの図書館』チャンネルより、以下の動画を記事にまとめたものです。動画だけではなく、テキストで復習したい方もいるはず。全38の記事と動画を組み合わせて、Excelの基本操作をマスターしていきましょう。

▼前回の記事では、ExcelのAND関数・OR関数について解説しています。こちらもあわせてお読みください!

目次

COUNTIFS関数の使い方

早速、下記のワークシートを使って、COUNTIFS関数の使い方を見ていきましょう。下記のワークシートはは「いつ・誰が・何を・いくら売ったか」が記載されたデータベースとなっています。

たとえば、このシートで「動画広告が何件売れたか」を知りたいとします。

Excel#13の1

まずはこのシートの右上に、

  • 動画広告が何件売れたか(I3セル)
  • ブログ広告が何件売れたか(I4セル)
  • Excel Proが何件売れtか(I5セル)

の3つを記載していきます。

Excel#13の2
<手順>
  1. =」を入力
  2. countifs」と入力
  3. Tabキーをクリック
    ~セル下に入力ガイドが表示される~
  4. 『criteria_range1(または範囲1)』欄を入力する
    (例:$F$3:$F$999)「,」を入力『criteria1(または条件1)』欄を入力する
    (例:「動画広告枠」を調べたい場合:「H3」と入力
  5. Enterキーをクリック
COUNTIFS関数は①範囲②条件で構成される。
3. Tabキーをクリック ~セル下に入力ガイドが表示される~
Excel#13の4
4. 『criteria_range1』欄を入力する ~ 6. 『criteria1』欄を入力する

これで「動画広告が何件売れたのか」を求めることができました。ブログ広告、Excel Proも計上するためには、上記の動画広告売上件数のセルをコピーして、下に伸ばせば同様に算出されるでしょう。

また、関数をコピー&ペーストする際は、絶対参照・相対参照・複合参照に気を付けましょう。セル参照についてはこちらの記事で詳しくご紹介しています。

それでは、シート右下の

  1. どの商品(動画広告枠、ブログ広告枠、Excel Pro)を
  2. 誰(佐藤 陽介、高橋 舜、伊藤 修平)が

売ったのかを求める場合はどうでしょうか。

Excel#13の5

このように条件が複数ある場合でも、COUNTIFS関数が力を発揮します。

COUNTIFS関数では、範囲と検索条件を1セットとして複数の条件を設定することができます。
(例:①佐藤陽介さんによる②動画広告枠での売り上げ)
複数条件がある場合のイメージ

以下、やり方を見ていきましょう。

<手順>
  1. =」を入力
  2. countifs」と入力
  3. Tabキーをクリック
    ~セル下に入力ガイドが表示される~
  4. 『criteria_range1(または範囲1)』欄を入力する
    (例:$F$3:$F$999)
  5. ,」を入力
  6. 『criteria1(または条件1)』欄を入力する
    (例:「動画広告枠」を調べたい場合:「$H8」と入力)
  7. ,」を入力
  8. 『criteria_range2(または範囲2)』欄を入力
    (例:$C$3:$C$999)
  9. ,」を入力
  10. 『criteria2(または条件2)』欄を入力
    (例:「佐藤 陽介」を調べたい場合:「I$7」と入力)
  11. Enterキーをクリック
Excel#13の7
4. 『criteria_range1』欄を入力する ~ 『criteria2』欄を入力する

これで、「動画広告」の売上件数のうち、「佐藤 陽介」さんが売り上げたものを計上することができました。

  • 「ブログ広告の売上件数のうち、佐藤 陽介さんが売り上げたもの」
  • 「動画高校の売上件数のうち、高橋 舜さんが売り上げたもの」

なども表示したい場合は、コピーして下または横に伸ばすことで可能です。

Excel#13の8

まとめとおすすめ講座の紹介

本記事では、COUNTIFS関数についてご紹介しました。

COUNTIFS関数のポイントは3つです。

  • COUNTIFS関数はある条件に一致するデータ(セル)の件数を数える
  • COUNTIFS関数では条件を複数指定できる
  • 参照方法を工夫すること(関数のコピー&ペースト)

次回の記事では、「SUMIFS関数」についてご紹介します。

ここまで読んで「Excelをもっと学びたい」「実務で活かせるようになりたい」と思った方におすすめなのが、ユースフルが提供するオンライン講座の『ExcelPro(エクセルプロ)』とMOS Excel 365&2019スペシャリスト完全対策講座』。

講座①:ExcelPro(エクセルプロ)

ExcelPro(エクセルプロ)

ExcelProは108本の動画と15の演習問題で実務に直結するExcelスキルが学べるオンライン講座。全てのレッスンにサンプルシートがついており、講義と同じデータで学習を進めることができます。

さらに、充実した動画内容に加えてメールでの質問サポート付き。受講時にわからなかったことは質問することで復習につなげることができます。

口コミが気になる方は下記の記事をご一読ください。実際のExcelProの受講者の声から口コミや評判を紹介しています。

講座②:MOS Excel 365&2019完全対策講座

ユースフルではMicrosoft MVPの監修のもと、MOS試験(スペシャリスト・エキスパート)対策講座を提供しています。

約70の豊富な動画講座・各章末の確認テスト・5回の模擬試験を通じて試験の出題範囲をすみずみまで学び、最短合格を目指しましょう!

【ユースフル提供】MOSスペシャリスト完全対策講座

9,800円(税込)

おすすめポイント
  • 全69動画
  • 各章末に確認テスト
  • 5回の模擬試験
【ユースフル提供】MOSエキスパート完全対策講座

12,800円(税込)

おすすめポイント
  • 全74動画
  • 各章末に確認テスト
  • 5回の模擬試験

こちらの人気記事にも注目!

ユースフル編集部では、ExcelやMOS関連の情報はもちろん、AccessなどMicrosoftツールの使い方も解説しています。こちらの人気記事もあわせてご覧ください!

気に入ったらシェア!
  • URLをコピーしました!
目次