【動画付き #8】CSVのデータをExcelで使用する・取り込む方法を紹介!

この記事でわかること
  • CSVの概要と取り込み方
  • CSVの区切り位置を変更する方法
  • CSVファイルからExcelファイルに変更する方法

Excelでファイルを保存するときに保存形式として出てきたり、「.CSV」の拡張子のファイルを開いたときにExcelが起動したりと、「よく出てくるけれど実はよくわかってない」ことも多いでしょう。

今回はExcelで取り扱うことの多い「CSVファイル」について学んでいきます。

本記事はYouTube『ユースフル / スキルの図書館』チャンネルより、以下の動画を記事にまとめたものです。動画だけではなく、テキストで復習したい方もいるはず。全38の記事と動画を組み合わせて、Excelの基本操作をマスターしていきましょう。

▼前回の記事では、最重要の「データベース」の作成方法などを解説しています。こちらもあわせてお読みください!

目次

そもそも「CSV」とは何?

CSVファイルはテキストファイルのひとつです。

ExcelデータをExcelファイルでなく、テキストファイルで保存することで、その他のソフトでも扱えるようになります。

たとえば、Accessのデータを一度テキストデータに変換することで、ExcelでもAccessのデータを利用できるようになります。

ExcelでCSVファイルを取り込む方法

それでは、「CSVファイル」を取り込むためには、どうすればよいのか見ていきましょう。
下記はすでにCSVファイルをExcelで開いています。

このようにCSVファイルを取り込む手順を見ていきましょう。

ExcelでCSVファイルを取り込む手順
  1. [データ]タブをクリックして、[外部データの取り込み]をクリックする
  2. [テキストファイル]をクリックして、取り込みたいデータを選択する
1.[データ]タブをクリックして、[外部データの取り込み]をクリックする
2.[テキストファイル]をクリックして、取り込みたいデータを選択する

これでCSVファイルをExcelに取り込むことができます。

CSVファイルの区切り位置を変更する方法

取り込んだCSVファイルをExcelで扱えるようにするためにはどうしたらよいのでしょうか。

CSVファイルをExcelで扱うための手順を見ていきましょう。

手順
  1. 列全体を範囲選択する
    この操作にはショートカットがあり、「Ctrl+スペース」で一回で列選択することができます
  2. [データ]タブをクリックして、[区切り位置]をクリックする
  3. 区切り選択のダイアログボックスが表示されるので[次へ]をクリックする
  4. 区切り文字で「カンマ」を選択して、[次へ]をクリックする
  5. 「列のデータ形式」を設定する(今回の例は必要なし)
  6. [完了]をクリックする
列選択 ショートカット
1.列全体を範囲選択する
2.[データ]タブをクリックして、[区切り位置]をクリックする
3.区切り選択のダイアログボックスが表示されるので[OK]をクリックする
4.区切り文字で「カンマ」を選択して、[次へ]をクリックする
6.[完了]をクリックする

これで下記のようにセルごとにデータが入力され、取り込んだCSVファイルをExcelで扱えるようになります。

CSVをExcelファイルに変換する方法

取り込んだCSVファイルをExcelファイルに保存する手順を見ていきましょう。

取り込んだCSVファイルをExcelファイルに変換する方法
  1. [ファイル]タブをクリックして、[名前を付けて保存]をクリックする
  2. [Excelブック]を選択して、ファイル名を付けて、[保存]をクリックする
2.[Excelブック]を選択して、ファイル名を付けて、[保存]をクリックする

これで取り込んだCSVファイルをExcelファイルに保存することができます。

まとめとおすすめ講座の紹介

外部データをテキストデータとして取り込むことでExcelで扱えるようになります。

上記の全体像を理解できたでしょうか。

CSVファイルを取り込むことでExcelで扱えるデータも増えるので、今回紹介したCSVファイルを取り込む方法を覚えて、ぜひ活用しましょう。

今回のショートカットキー
Ctrl+スペース列全体を範囲選択する

重要度別ショートカットキーの一覧も作成しました。まだダウンロードしていない方は、無料なのでこちらからぜひダウンロードしてください。

重要度別ショートカットキーの無料PDFを受け取る



次回は「ジャンプ・一括入力・置換」について紹介します。

ここまで読んで「Excelをもっと学びたい」「実務で活かせるようになりたい」と思った方におすすめなのが、ユースフルが提供するオンライン講座の『ExcelPro(エクセルプロ)』とMOS Excel 365&2019スペシャリスト完全対策講座』。

講座①:ExcelPro(エクセルプロ)

ExcelPro(エクセルプロ)

ExcelProは108本の動画と15の演習問題で実務に直結するExcelスキルが学べるオンライン講座。全てのレッスンにサンプルシートがついており、講義と同じデータで学習を進めることができます。

さらに、充実した動画内容に加えてメールでの質問サポート付き。受講時にわからなかったことは質問することで復習につなげることができます。

口コミが気になる方は下記の記事をご一読ください。実際のExcelProの受講者の声から口コミや評判を紹介しています。

講座②:MOS Excel 365&2019完全対策講座

ユースフルではMicrosoft MVPの監修のもと、MOS試験(スペシャリスト・エキスパート)対策講座を提供しています。

約70の豊富な動画講座・各章末の確認テスト・5回の模擬試験を通じて試験の出題範囲をすみずみまで学び、最短合格を目指しましょう!

【ユースフル提供】MOSスペシャリスト完全対策講座

9,800円(税込)

おすすめポイント
  • 全69動画
  • 各章末に確認テスト
  • 5回の模擬試験
【ユースフル提供】MOSエキスパート完全対策講座

12,800円(税込)

おすすめポイント
  • 全74動画
  • 各章末に確認テスト
  • 5回の模擬試験


気に入ったらシェア!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

記事をお読みいただきありがとうございます!ユースフル編集部では、Excelをはじめとするマイクロソフト製品の活用法をわかりやすく紹介しています。ご興味ある方は、ぜひ他の記事もご覧ください!

目次
閉じる