【動画付き #7】簡単集計!Excelの「データベース」の作成方法・形式を徹底解説!

この記事を読んでわかること
  • データベースとは
  • データベース形式の条件
  • データベース作成のポイント

Excelでデータを一元管理・分析したいのであれば、データベースを使いこなすことは必要不可欠です。折角データをExcel上に蓄積しても、データベース形式を満たしていなければ後にうまく検索・集計・分析することができなくなってしまいます。反対に、データベース形式をマスターすることで、蓄積したデータをスムーズに活用することが可能となるのです。

本記事では、Excelにおいて最重要ともいえる「データベース」について徹底解説していきます。

本記事はYouTube『ユースフル / スキルの図書館』チャンネルより、以下の動画を記事にまとめたものです。動画だけではなく、テキストで復習したい方もいるはず。全38の記事と動画を組み合わせて、Excelの基本操作をマスターしていきましょう。

▼前回の記事では、Excelで「形式を選択して貼り付け」する方法について解説しています。こちらもあわせてお読みください!

目次

データベースとは

データベースとは、検索や蓄積がしやすいように整理されたデータの集まりのことを指します。実務においては、データの検索のしやすさ・蓄積のしやすさは大変重要です。

たとえば顧客データを蓄積する場合、「この顧客のデータを確認したい」となった際に素早く顧客データを発見・抽出できるかが、オペレーションの生産性に大きく関わります。

そこで、データをデータベース形式で一覧として管理することで、後にスムーズに分析・集計・加工ができる形で蓄積することができます。

データベース形式の条件・作成のコツ

データベース形式であるためにはいくつかのポイントがあります。

以下のシートは、データベース形式の条件を満たしたシートの例です。

Excel#7の1

それぞれのポイントを見ていきましょう。

空白列と空白行で囲む

ワークシートがデータベース形式を満たしているかを確認するには、Ctrl+Shift+*(アスタリスク)を押します。すると、表の範囲が選択されます。この表がデータベースです。Excelは、空白行および空白列に囲まれた範囲を1つの表として認識します。つまり、正しい範囲・正しいデータセットでデータベースを作成するには、その1つ外側の列・行を空白にする必要があります。

<OK例>

データベースの周りを空白の行・列で囲む

表の見出しはユニークなものをつける

通常、データベースの一行目には見出し(データの項目名)を付けます。(例:氏名、性別、メールアドレス)

データベースの見出しは他と被らないものにする

2つ目のポイントは、この見出しをユニークな名前にする、すなわち他の列の見出しと被らないようにすることです。

たとえば、苗字と名前を異なる列で管理する際、どちらの見出しも「名前」としてしまうと、後で正常に集計できなくなってしまいます。「姓」「名」や「氏名1」「氏名2」といったように、列ごとに異なる見出しを設定するようにしましょう。

1行につき1件のデータだけを入力する

3つ目のポイントは、1行につき1件のデータのみを入力するということです。データベース形式では、入力するデータが複数行にまたがってはいけません。

<NG例>

1行につき1件のデータだけを入力する

たとえば、従業員データのデータベースを作成する場合は、4行目には佐藤陽介さんの全データ、5行目には高橋舜さんの全データ…のように、1行に一人分すべてのデータがまとまるようにします。

<OK例>

Excel#7の5

余計なセル結合はしない

ポイント3. に加え、複数のセルを1セルとして結合する「セル結合」も行ってはいけません。表内に結合されたセルが混じってしまうと、後に正しく集計できないなどの問題につながります。

<NG例>

Excel#7の6

データベース形式ではセル結合は使わず、1つのセルに1つのデータが入るようにします。

余計な空白行、空白列は入れない

最後のポイントは、余計な空白行や空白列は入れないことです。

前述の通り、Excelは空白行・空白列に囲まれた範囲を1つの表として認識します。そのため、表内に不要な空白行・空白列を入れてしまうと、空白の前までのみがデータベースとして認識され、正しい範囲での集計や分析ができなくなってしまいます。

<NG例>

Excel#7の7

反対に、表の周りは必ず空白の行と列で囲むようにします。

以下のように、データベース範囲の周りに記載がないように注意しましょう。

<NG例>

Excel#7の8

データベースのタイトルを記載したい場合は、一行空けた上で記載します。

<OK例>

Excel#7の9
ショートカットまとめ
  • データベースを全選択:Ctrl+Shift+*(アスタリスク)

まとめ

本日は、実務におけるExcelの最重要項目「データベース」についてご紹介しました。
データベースのポイントは4つです。

  • 表の見出しはユニークなものをつける
  • 1行につき1件のデータだけを入力する
  • 余計なセル結合はしない
  • 余計な空白行、空白列は入れない

Excelでデータを蓄積・管理したいのであれば、まずデータベース形式をマスターすることが最重要項目です。ポイントや条件をしっかりと頭に入れて、Excelの活用度を上げていきましょう。

次回記事では、Excelでよく扱うファイル形式の1つ「CSVファイル」について見ていきます。

ここまで読んで「Excelをもっと学びたい」「実務で活かせるようになりたい」と思った方におすすめなのが、ユースフルが提供するオンライン講座の『ExcelPro(エクセルプロ)』とMOS Excel 365&2019スペシャリスト完全対策講座』。

講座①:ExcelPro(エクセルプロ)

ExcelPro(エクセルプロ)

ExcelProは108本の動画と15の演習問題で実務に直結するExcelスキルが学べるオンライン講座。全てのレッスンにサンプルシートがついており、講義と同じデータで学習を進めることができます。

さらに、充実した動画内容に加えてメールでの質問サポート付き。受講時にわからなかったことは質問することで復習につなげることができます。

口コミが気になる方は下記の記事をご一読ください。実際のExcelProの受講者の声から口コミや評判を紹介しています。

講座②:MOS Excel 365&2019完全対策講座

ユースフルではMicrosoft MVPの監修のもと、MOS試験(スペシャリスト・エキスパート)対策講座を提供しています。

約70の豊富な動画講座・各章末の確認テスト・5回の模擬試験を通じて試験の出題範囲をすみずみまで学び、最短合格を目指しましょう!

【ユースフル提供】MOSスペシャリスト完全対策講座

9,800円(税込)

おすすめポイント
  • 全69動画
  • 各章末に確認テスト
  • 5回の模擬試験
【ユースフル提供】MOSエキスパート完全対策講座

12,800円(税込)

おすすめポイント
  • 全74動画
  • 各章末に確認テスト
  • 5回の模擬試験
気に入ったらシェア!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

記事をお読みいただきありがとうございます!ユースフル編集部では、Excelをはじめとするマイクロソフト製品の活用法をわかりやすく紹介しています。ご興味ある方は、ぜひ他の記事もご覧ください!

目次
閉じる