【Outlook初心者必見!動画付き】基本操作やアカウント作成方法を徹底解説

この記事を読んでわかること
  • Outlookの基本機能と画面の見方
  • Outlookアカウントの設定方法、メールアドレスの取得方法
  • メールの送り方

Outlookは、WordやExcelでお馴染みのMicrosoft社が作ったアプリで、メール機能やスケジュール機能をはじめ作業効率を高める様々な機能が詰まった、非常に便利なツールです。しかし、「使い方がわからない」「使ったことがない」という方が多いのではないでしょうか。

Outlookを使いこなすことで、連絡や予定を一括・連携管理して、作業効率をかなり高めることができます。この記事では、特にメインの機能となるメールにフォーカスをあてて、画面や操作を紹介していきます。

※本記事はYouTube『ユースフル / スキルの図書館』チャンネルより、以下の動画を記事にまとめたものです。
記事内でも動画の該当箇所を適宜ご案内しておりますので、ぜひ学習にご活用ください。

Outlookの基本的な機能

先程「OutlookにはOutlookには作業効率を高めるための様々な機能が詰まっている」と言いましたが、主な機能は3つあります。

主な機能

①メール
②予定管理表
③やることリスト

Outlook超入門1
メール画面
Outlook超入門2
予定管理表画面
Outlook超入門3
やることリスト画面

Outlookを使いこなすことで、連絡や予定を一括・連携管理して、作業効率をかなり高めることができそうですね。

この記事では、特にメインの機能となるメールにフォーカスをあてて、画面や操作を紹介していきます。

目次

画面の見方

▶動画でチェックしたい方は 0:38~

Outlookを開く

まず、Outlookを開くところから始めていきましょう。

手順
  1. デスクトップ画面(パソコンを起動した際の最初の画面)左下の [スタート] ボタンをクリック
  2. 下部の検索欄に「Outlook」と記入
  3. 検索結果としてOutlookが表示されるので、[開く]をクリック
Outlook超入門4
1. デスクトップ画面左下の [スタート] ボタンをクリック
Outlook超入門5
2. 最下部の検索欄に「Outlook」と記入 ③開くをクリック

メール画面の見方

メール画面には、主に5つの項目が存在します。

項目
  1. メール一覧 (送り主、受信時間、件名が新しい順に並んでいる)
  2. 閲覧ウィンドウ (メール一覧からクリックして開いたメールの全文や添付ファイルが表示される)
  3. フォルダ (受信トレイ、下書き、迷惑メールなど。自分でフォルダを作成することも可能。)
  4. タブ (変化を加えるツールが詰まっているエリア。例:メールの新規作成)
  5. 切り替えボタン (メール⇔カレンダー⇔To do リストの切り替え)
Outlook超入門6
メール画面の5つの項目

いかがでしょうか。以上が基本的なOutlookのメール画面の見方になります。

メールアドレスの作り方

▶動画でチェックしたい方は 4:59~

Outlookのメールアドレスを取得する

次に、Outlookのメールアドレスを取得していきます。

手順
  1. Outlookアプリを閉じる
  2. ウェブサイト(Google Chromeなど)を開く
  3. 「outlook」で検索
  4. Outlook.com – 無料の個人用メール」をクリック
  5. サインイン画面が表示されるので、「アカウントを作成しましょう」をクリック
  6. 新しいメールアドレスを取得」をクリック
  7. ユーザー名(@マークより前)を作成 ※わかりやすく、覚えやすい文字列を心がけましょう
  8. ドメイン(@マークより後ろ)を選択 (outlook.jp、outlook.com、hotmail.comから自由に選択可能)
    ※「このメールアドレスは既に誰かに使われています。別の名前でお試しください」などのエラーメッセージが表示された場合は別の文字列で作成
  9. パスワードを作成
Outlook超入門7
3. 「Outlook.com – 無料の個人用メール」をクリック
Outlook超入門8
4. サインイン画面が表示されるので、「アカウントを作成しましょう」をクリック
Outlook超入門9
5. 「新しいメールアドレスを取得」をクリック
Outlook超入門10
7. ドメイン(@マークより後ろ)を選択 

アプリにアカウントを追加する

上記の基本的な情報入力が終われば、新しいOutlookの画面が開きます。

そこで、先程のアプリに戻って、アカウントの追加を行います。

手順
  1. 最初に開いていたOutlookアプリをもう一度開く
  2. [ファイル]タブ(左上)をクリック
  3. [情報]>[アカウントの追加]をクリック
  4. 先程取得した新しいメールアドレスを入力
  5. パスワードを入力

以上のあと、「アカウントが正常に追加されました」というメッセージが表示されればOKです。

Outlook超入門11
2, 「ファイル」タブをクリック
Outlook超入門12
「アカウントが正常に追加されました」が表示されればOK

それではいよいよ、メールを作成して送る方法を見ていきましょう。

メールの送り方

▶動画でチェックしたい方は 7:20~

メールアドレスの取得、そしてアカウント追加ができたところで、ついにメールを作成・送信していきます。

メールを送る際には、
①新しくメールを作成して送る
②すでに届いたメールに対して返信する
の2種類に分けられます。順に見ていきましょう。

新しくメールを送る

手順
  1. タブ(画面上方)から、ホーム>[新しいメール](左端)をクリック
  2. 以下の情報を入力
      宛先:送りたい人のメールアドレスを入力または候補から選択。複数人も可。
      件名:メールの内容をなるべくシンプルに記載
      本文:本文入力欄(大きな白いエリア)に本文を入力。
  3. [送信]ボタン(左上方、紙飛行機の絵文字)をクリックして送信
Outlook超入門13
1. タブから、ホーム>「新しいメール」をクリック
Outlook超入門14
2. 情報を入力
Outlook超入門15
3. 「送信」ボタンをクリックして送信

本文を作成する際は、
①協調したい部分を選択
②タブ>メッセージ>機能(文字サイズや色、太字、背景色など)を選択
の手順で、一部分を強調することが可能です。
締め切りなど重要事項を目立たせる際に便利です。

正しく送信されたメールは、フォルダ>「送信済みファイル」内に格納されます。

メールに返信する

手順
  1. メール一覧から、返信したいメールをクリック
  2. 閲覧ウィンドウから[返信](右上)をクリック
  3. 本文を入力する
     ※宛先は自動的に送り主(=返信先)が設定されるため、入力は不要
     ※件名は「RE: [元の件名]」と自動的に設定されるため、入力は不要
      『RE』は「このメールは返信ですよ」というサインになるので、基本的にはそのままにしましょう。
  4. [送信]ボタン(左上方、紙飛行機の絵文字)をクリックして送信

まとめ

いかがでしたか?本記事では、Outlookのメイン機能である、メールの使い方を紹介しました。この記事を読んで、「Outlookを始めてみようかな」と思っていただければ幸いです。

次回は、Outlookの基本機能5つを紹介します。ポップアップや誤字修正など、マスターすることでメール周りの生産性をぐっと引き上げる重要な機能を、詳しく紹介しています。ぜひこちらもチェックして、5つの重要機能をしっかりマスターしていきましょう。

ここまで読んで「Excelをもっと学びたい」「実務で活かせるようになりたい」と思った方におすすめなのが、ユースフルが提供するオンライン講座の『ExcelPro(エクセルプロ)』とMOS Excel 365&2019スペシャリスト完全対策講座』。

講座①:ExcelPro(エクセルプロ)

ExcelPro(エクセルプロ)

ExcelProは108本の動画と15の演習問題で実務に直結するExcelスキルが学べるオンライン講座。全てのレッスンにサンプルシートがついており、講義と同じデータで学習を進めることができます。

さらに、充実した動画内容に加えてメールでの質問サポート付き。受講時にわからなかったことは質問することで復習につなげることができます。

口コミが気になる方は下記の記事をご一読ください。実際のExcelProの受講者の声から口コミや評判を紹介しています。

講座②:MOS Excel 365&2019完全対策講座

ユースフルではMicrosoft MVPの監修のもと、MOS試験(スペシャリスト・エキスパート)対策講座を提供しています。

約70の豊富な動画講座・各章末の確認テスト・5回の模擬試験を通じて試験の出題範囲をすみずみまで学び、最短合格を目指しましょう!

【ユースフル提供】MOSスペシャリスト完全対策講座

9,800円(税込)

おすすめポイント
  • 全69動画
  • 各章末に確認テスト
  • 5回の模擬試験
【ユースフル提供】MOSエキスパート完全対策講座

12,800円(税込)

おすすめポイント
  • 全74動画
  • 各章末に確認テスト
  • 5回の模擬試験

こちらの人気記事にも注目!

ユースフル編集部では、ExcelやMOS関連の情報はもちろん、AccessなどMicrosoftツールの使い方も解説しています。こちらの人気記事もあわせてご覧ください!

気に入ったらシェア!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

記事をお読みいただきありがとうございます!ユースフル編集部では、Excelをはじめとするマイクロソフト製品の活用法をわかりやすく紹介しています。ご興味ある方は、ぜひ他の記事もご覧ください!

目次
閉じる