【動画付き・初心者でも簡単!】Wordの基本操作とおすすめショートカット15選

前回の記事では、Wordファイルの作成方法や保存方法などを解説してきました。
ファイル作成時の便利機能やファイルを保存するショートカットなど基本的な使い方はマスターできたでしょうか。

まだ読んでいない方や不安の残る方は、ぜひ前回の記事も読んで、基礎をしっかりと固めていきましょう。

▼前回の記事はこちら

今回はWord入門編として、文字の位置を揃える方法単語や行を選択する方法Wordで使えるおすすめのショートカットを紹介します。

この記事を読んでわかること
  • 「中央揃え」を活用して文字の位置を揃えることができるようになる
  • 単語だけを選択したり、行全体を選択したりできるようになる
  • おすすめショートカット15選を知って、Word業務を効率化できるようになる

※本記事はYouTube『ユースフル / スキルの図書館』チャンネルより、以下の動画を記事にまとめたものです。記事内でも動画の該当箇所を適宜ご案内しておりますので、ぜひ学習にご活用ください。

目次

Wordの文字の位置を揃える方法

Wordで資料を作るとき、文字を中央に持ってきたり、左右に揃えたりすることがよくあります。
たとえば、Wordで作成している資料の題名を真ん中にしたいというときは「中央揃え」で文字の位置を揃えていきます。

実際に「中央揃え」の手順を見ていきましょう。

「中央揃え」にする手順
  1. クイックアクセスツールバーの[ホーム]をクリックする
  2. 「段落」の4本線が引いてあるタブの左から2つ目をクリックする
Word入門1
2.「段落」の4本線が引いてあるタブの左から2つ目をクリックする

この中央揃えにはショートカットもあります。

Windows:「Ctrlキー+E」
Mac:「Commandキー+E」


毎回のマウス操作がなくなり、楽にWordを使えるようになるので、ぜひ活用しましょう。

単語や行を選択する方法

Word上で単語や行を選択するときに便利な方法を紹介します。
それぞれの方法で選択できる文字の違いを覚えて、用途に応じてぜひ活用しましょう。

・ダブルクリック
ダブルクリックすることで、1単語ずつ文字を選択していくことができます。
このメリットは、目立たせたい単語だけをすぐに選択することができるということです。

・トリプルクリック
トリプルクリックすることで、1行全てを選択することができます。
1行全てを文字揃えしたいときに活用できます。

・矢印カーソル
こちらも1行全てを選択することができます。
1行全て選択したい行の左にカーソルを移動させると、下記のように矢印カーソルに切り替わります。この状態でワンクリックすると、その行全てを選択することができます。

Word入門2

・クリック&ドラッグ
クリックを押しながらドラッグした全ての文字を選択することができます。
1ページ全ての文字の大きさをまとめて変更したいときにおすすめです。

・「Shiftキー+矢印キー」
1文字ずつ選択することができます。
細かな単語の選択が必要なときにおすすめです。

Commandキー」または「Ctrlキー」を押しながら選択
下記のように他の行にある文字を複数選択することができます。
複数の単語で同じ作業を行いたいときにおすすめです。

Word入門3
※Windows:「Ctrlキー」、Mac:「Commandキー」を使用してください。

・「Commandキー+A」または「Ctrlキー+A」を押して選択
全てのページの文字を選択することができます。
ページ上の全ての文字のフォントや文字の大きさを変更したいときにおすすめです。
※Windows:「Ctrlキー」、Mac:「Commandキー」を使用してください。

文字を置き換える方法

ページの中から特定の単語を全て別の単語に置換したいとき、「検索と置換」の機能を使います。
今回はページ中にある「野球」という単語をすべて「サッカー」に変える作業をしていきます。

手順
  1. Windows:「Ctrlキー+G」、Mac:「Commandキー+F」で検索と置換ボックスを開く
  2. 検索ボックスを開いて、「野球」と入力し、[検索する場所]をクリックする
  3. 置換ボックスを開き、置換後の文字列の欄に「サッカー」と入力し、[全て置換]をクリックする
Word入門4
2.検索ボックスを開いて、「野球」と入力し、[検索する場所]をクリックする
Word入門5
3.置換ボックスを開き、置換後の文字列の欄に「サッカー」と入力し、[全て置換]をクリックする

これにより下記のようにすべて「野球」という単語が「サッカー」に置換ができます。

Word入門6

このように「検索と置換」の機能を活用することで、変えたい文字を一回で変えることができます。

Youseful編集部おすすめショートカットキー15選

Wordで使えるおすすめショートカットキーを紹介しようと思います。
覚え方のコツも一緒に紹介するのでぜひ活用ましょう。

No 動作コマンド
1新しいファイルを開く/閉じるCtrlキー+N/Ctrlキー+W
Newの「N」と覚えると記憶に残りやすいです
2既存のファイルを開くCtrlキー+O
Openの「O」と覚えておくと記憶に残りやすいです
3ファイルをセーブするCtrlキー+S
Saveの「S」と覚えておくと記憶に残りやすいです
4選択したテキストをコピーCtrlキー+C
5テキストまたはオブジェクトをペーストCtrlキー+V
4と5をセットで覚えると、コピー&ペーストのショートカットができるようになります
6書式のコピーCtrlキー+Shiftキー+C
7コピーした書式の適用Ctrlキー+Shiftキー+V
6と7をセットで覚えると、文字は異なるが、文字に適用されているフォントを合わせたいときに活用できます
8文字を強調する(太字にする/下線を引く)Ctrlキー+B/Ctrlキー+U
太いという意味であるboldの「B」、下線を意味するunderlineの「U」と覚えておくと記憶に残りやすいです
9直前の操作を繰り返すCtrlキー+Y
やり直しの「Y」と覚えておくと記憶に残りやすいです
10直前の操作を元に戻すCtrlキー+Z
文字のフォントや色を変えたが、元に戻したいときに活用できます
11フォントサイズを変更する(大/小)Ctrlキー+]/Ctrlキー+[
1ポイントずつ文字を大きくしたり、小さくしたりすることができます
12フォントの変更Ctrlキー+D
13文字を揃える(中央/右/左)Ctrlキー+E/Ctrlキー+R/Ctrlキー+L
14箇条書きを設定するCtrlキー+Shiftキー+L
毎回「・」を打つ必要なく、箇条書きができます
15改ページをするCtrlキー+Enter

まとめとおすすめ講座の紹介

単語や行を選択する方法やおすすめショートカット15選の中には、知らなかった知識もあったのではないでしょうか。今回学んだ知識を実際にWordを使うときにぜひ活用しましょう。

次回はWord初級編としてヘッター・フッターの使い方、イメージの挿入方法などより実務に即した内容をお届けします。
▼次回の記事はこちら

今回はWordの使い方を説明しましたが、さらに業務効率化を目指していきたいという方は、以下の2つもぜひチェックしてみてください。Excelをマスターすることで、情報分析の質とスピードが格段に上がり、作業効率がぐっとアップします。

ここまで読んで「Excelをもっと学びたい」「実務で活かせるようになりたい」と思った方におすすめなのが、ユースフルが提供するオンライン講座の『ExcelPro(エクセルプロ)』とMOS Excel 365&2019スペシャリスト完全対策講座』。

講座①:ExcelPro(エクセルプロ)

ExcelPro(エクセルプロ)

ExcelProは108本の動画と15の演習問題で実務に直結するExcelスキルが学べるオンライン講座。全てのレッスンにサンプルシートがついており、講義と同じデータで学習を進めることができます。

さらに、充実した動画内容に加えてメールでの質問サポート付き。受講時にわからなかったことは質問することで復習につなげることができます。

口コミが気になる方は下記の記事をご一読ください。実際のExcelProの受講者の声から口コミや評判を紹介しています。

講座②:MOS Excel 365&2019完全対策講座

ユースフルではMicrosoft MVPの監修のもと、MOS試験(スペシャリスト・エキスパート)対策講座を提供しています。

約70の豊富な動画講座・各章末の確認テスト・5回の模擬試験を通じて試験の出題範囲をすみずみまで学び、最短合格を目指しましょう!

【ユースフル提供】MOSスペシャリスト完全対策講座

9,800円(税込)

おすすめポイント
  • 全69動画
  • 各章末に確認テスト
  • 5回の模擬試験
【ユースフル提供】MOSエキスパート完全対策講座

12,800円(税込)

おすすめポイント
  • 全74動画
  • 各章末に確認テスト
  • 5回の模擬試験
気に入ったらシェア!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

記事をお読みいただきありがとうございます!ユースフル編集部では、Excelをはじめとするマイクロソフト製品の活用法をわかりやすく紹介しています。ご興味ある方は、ぜひ他の記事もご覧ください!

目次
閉じる