【動画付き #11】ExcelのIF関数の効果的な使い方を徹底解説

ExcelのIF関数は、ビジネスの場でもよく使われる関数の1つです。本記事では、約400あるExcelの関数の中でもTop3に入る超重要関数、「IF関数」をご紹介します。

この記事を読めば複雑な条件や論理式もすぐに理解できるようになること間違いなし!IF関数の構造や操作方法を画像つきでわかりやすくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

本記事はYouTube『ユースフル / 人材教育の教科書』チャンネルより、以下の動画を記事にまとめたものです。動画だけではなく、テキストで復習したい方もいるはず。全38の記事と動画を組み合わせて、Excelの基本操作をマスターしていきましょう。

▼前回の記事では、ExcelのTRIM関数について解説しています。こちらもあわせてお読みください!

目次

IF関数とは

IF関数は、指定した条件に合わせて異なる結果を返します。

たとえば、「各店舗の売上が目標数値を超えているか否か」などもIF関数を使えば一気に表示することができます。

IF関数の最大の特徴は、条件分岐する点です。

つまり、

「もし○○が××だったら、△△する」

「もし○○が××じゃなかったら、△△する」

といったように、条件やシチュエーションに合わせて、表示する結果を変えられるということです。

IF関数の使い方

それでは、以下のワークシートを使って、IF関数の使い方を見ていきましょう。

上記のD列に「各商品の出荷が、目標出荷量を達成していたかどうか」を表示させたいとします。

目標出荷量はC2セルにて「50」と定義されているので、各商品に対して、

  • 出荷量が50以上であれば「達成」
  • 出荷量が50未満であれば「未達成」

と表示したいわけです。

それでは、IF関数を使って、上記の判定を表示する手順を見ていきましょう。

<手順>
  1. =」を入力
  2. IF」と入力
    ~「IF」から始まる関数の候補が表示される~
  3. Tabキーをクリック
    ~IF関数が選択され、セルの下に入力ガイドが表示される~
  4. 『logical_test(または論理式)』欄を入力する
    (例:C5>=$C$2)
  5. ,」(コンマ)を入力
  6. 『value_if_true(または真の場合)』欄を入力する
    文字を表示させたい場合:「○○(表示させたい文字列)」とも文字列を””で囲んで入力(例:”達成”)
  7. ,」(コンマ)を入力
  8. 『value_if_false(または偽の場合)』欄を入力する
    文字を表示させたい場合:「○○(表示させたい文字列)」とも文字列を””で囲んで入力(例:”未達成”)
  9. Enterキーをクリック
    ~関数の結果が表示される~
2. 「IF」と入力 ~「IF」から始まる関数の候補が表示される~
3. Tabキーをクリック ~IF関数が選択され、セルの下に入力ガイドが表示される~
4. 『logical_test』欄を入力する ~ 7. 『value_if_false』欄を入力する

これで、C5セル(ふじの出荷量)がC2セル(目標出荷量)を超えていれば「達成」、超えていなければ「未達成」と表示される関数を組むことができました。

ふじの出荷量は63となっており、目標を超えているので、「達成」と表示されるはずです。

ふじ以外の商品にもIF関数を付けたい場合は、D5セルをコピーして下に伸ばしていきましょう。

【重要!】IF関数の論理式の仕組み

IF関数を組み立てるにあたっては、

  1. 論理式
  2. 論理式の結果が真だった場合に表示する結果
  3. 論理式の結果が偽だった場合に表示する結果

の3つのパートで構成されていることが分かったと思います。

IF関数は、①論理式②真の場合に表示する値③偽の場合に表示する値の3項目で構成されます。
論理式、真の場合、偽の場合の関係図

このIF関数を組み立てるにあたって、特に重要となるのが論理式の部分です。

論理式は「C5>=$C$2」のように、「○○ (記号) ××」の形で表されます。

そして、記号の部分には、以下の6つの比較演算子のいずれかを使います。

条件論理式
○○が××だったら(と等しい)○○=××
○○は××より大きい○○>××
○○は××以上○○>=××
○○は××より小さい○○<××
○○は××以下○○<=××
○○が××でないとき○○<>××

論理式をうまく組み立てられるよう、上記の比較演算子はぜひマスターしてください。

まとめ

本記事では、IF関数についてご紹介しました。

IF関数のポイントは3つです。

  • IF関数は条件分岐をするための関数である
  • 入力した論理式の結果が真の場合と偽の場合で異なる結果を表示することができる
  • 論理式を指定するときは比較演算子を使う

次回記事では、IF関数とも関係が深い「AND関数/OR関数」についてご紹介します。

ここまで読んで「Excelをもっと学びたい」「実務で活かせるようになりたい」と思った方におすすめなのが、ユースフルが提供するオンライン講座の『ExcelPro(エクセルプロ)』とMOS Excel 365&2019スペシャリスト完全対策講座』。

講座①:ExcelPro(エクセルプロ)

ExcelPro(エクセルプロ)

ExcelProは108本の動画と15の演習問題で実務に直結するExcelスキルが学べるオンライン講座。全てのレッスンにサンプルシートがついており、講義と同じデータで学習を進めることができます。

さらに、充実した動画内容に加えてメールでの質問サポート付き。受講時にわからなかったことは質問することで復習につなげることができます。

口コミが気になる方は下記の記事をご一読ください。実際のExcelProの受講者の声から口コミや評判を紹介しています。

講座②:MOS Excel 365&2019完全対策講座

ユースフルではMicrosoft MVPの監修のもと、MOS試験(スペシャリスト・エキスパート)対策講座を提供しています。

約70の豊富な動画講座・各章末の確認テスト・5回の模擬試験を通じて試験の出題範囲をすみずみまで学び、最短合格を目指しましょう!

【ユースフル提供】MOSスペシャリスト完全対策講座

9,800円(税込)

おすすめポイント
  • 全69動画
  • 各章末に確認テスト
  • 5回の模擬試験
【ユースフル提供】MOSエキスパート完全対策講座

12,800円(税込)

おすすめポイント
  • 全74動画
  • 各章末に確認テスト
  • 5回の模擬試験
気に入ったらシェア!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

記事をお読みいただきありがとうございます!ユースフル編集部では、Excelをはじめとするマイクロソフト製品の活用法をわかりやすく紹介しています。ご興味ある方は、ぜひ他の記事もご覧ください!

目次
閉じる