【データベースの管理を簡単に!】Accessの便利機能3選

Access のデータベースの管理で悩んでいたり、もっと楽にAccess を利用したいと思ったりしていないだろうか。

今回の記事は、データベースの管理をもっと楽にする方法を探しているあなたのために記事である。

とくに、Access をデータベース管理で必須であるフォーム・クエリ・レポートの3つのオブジェクトについて解説していく。

この記事でそれぞれのオブジェクトの強み、役割を完ぺきに理解して、Access をマスターするために第一歩を踏み出してほしい。

目次

フォームとは

フォームとは、テーブルで作った枠組みに情報を入力するために使うものである。

今回の例では、~~~~

なぜテーブルで直接入力もできるのに、フォームをわざわざ使うのか疑問に感じる方もいるのではないだろうか。

フォームを使う理由は、安全にデータベースを管理するためである。これに尽きる。

テーブルで情報を入力していると、意図したデータを壊してしまうリスクがある。

だからこそ、編集したいフォーム、セクションだけを表示することでそういったミスを事前に防ごうというのがフォームの役割である。

分割フォーム

先ほどの一人ひとりのフォームに加え、全体も確認できるフォームがあると便利ではないだろうか。

これを実現させたものが分割フォームというものである。

分割フォームの作り方を見ていこう。

フォームのレイアウト設定

先ほどのフォームを用いると、画面を分割してしまったせいで、単票フォームを一度に最後まで見れないような設計になっている。これでは、作業効率が悪くなってしまう。

そこで、デザインを変えて、完成形のように一度に全ての情報が見ることができる設定方法を学んでいく。

クエリの役割

クエリの役割とは、データベースに特定の条件を与えることで、それに合致する情報だけを抜き出して新たにデータベースを作ってくれるというものである。

それでは、そんなクエリの作り方を見ていこう。

~~~~~

パラメータの設定

実務の中でクエリをもっとフレキシブルに使いたいと思いませんか。

これを実現するために、抽出する条件をその時々に応じて、柔軟に選べるようにしておく必要がある。これをパラメータを使うという。

このパラメータの設定方法を確認していく。

レポートのレイアウト

レポートとは、印刷に特化したオブジェクトである。

~~~~~

レポートはAccess 特有の概念だが、使いこなせると非常に便利なので、ぜひマスターしてほしい。

まとめ

今回の記事では、フォーム・クエリ・レポートの3つのオブジェクトの使い方と役割について確認してきた。

どれも特別でAccess を使いこなすためには、重要なポイントであるので、ぜひこの記事で復習して、マスターしてほしい。

動画URL:【データベースを簡単管理】Accessの便利機能「フォーム・クエリ・レポート」の使い方入門講座!






気に入ったらシェア!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

いつもチャンネルをご視聴頂きありがとうございます!ユースフルは、キャリア教育とスキル教育に根を張るスタートアップです。熱量ある方はぜひご応募ください!https://form.run/@youseful-application

目次
閉じる