【Accessの心臓はコレ】初心者でも分かるアクセスクエリの本当の使い方

今回はAccess最重要オブジェクトであるクエリについて見ていく。

クエリとは、データベースの中に特定の条件を与えることで、それに合致する情報だけ抽出するというものである。

このクエリをマスターするだけで、Access の便利度はグンと高まるので、ぜひこの記事でクエリの使い方をマスターしてほしい。

目次

Access の計算方法

まずは、データベースの中の既存のデータを用いて、計算をしていく方法を見ていく。

Access は計算式の定義の仕方が他のソフトウェアとは少し異なるので、注意しながら確認していこう。

~~~~~

Access の計算式の定義の仕方、見出しをつけて「:」で繋げる

この方法は非常に重要で、今後も大切になるので、ぜひ覚えてほしい。

AND条件・OR条件

次に、より複雑な条件設定ができるAND条件・OR条件について確認していこう。

今までは、東京都に住んでいる人、8月に入会した人などのように単一の条件設定しかできなかった。しかし、このAND条件・OR条件を用いることで、複数の条件設定をすることができるようになる。

~~~~~~

ワイルドカード

このワイルドカードにより、「~から始まる全てのデータ」というように情報を抽出することができるようになる。

~~~~

クエリ

ここからは、クエリを使ってテーブルを最新の情報に更新する、もしくは、追加する方法について見ていく。

これらをそれぞれ更新クエリ、追加クエリと呼ばれている。

まずは更新クエリから見ていこう。

更新クエリ

データの値を全て変える時に更新クエリを用いる。

一つひとつデータの更新をするのは大変なので、そんな時に、クエリを使って一気に情報を更新できるようにする。

追加クエリ

この追加クエリを使うことで、あるテーブルの中から特定の条件に合致するものだけを他のテーブルに追加することが可能になる。

今回の例では、追加クエリを活用することで、退会した人のデータを退会者リストという別のテーブルの追加することができる。

まとめ

今回は、Access の最重要オブジェクトであるクエリについて見てきた。

・Access での計算方法
・AND条件・OR条件
・ワイルドカード
・追加クエリと更新クエリ


について詳しく説明した。

クエリは非常に便利なツールだが、これらのテクニックを知らないとなかなか最初は難しさを感じるオブジェクトでもあると思う。

この記事を何度も確認して、実際に自分の手で動かしてみて、実践を重ね、ぜひクエリをマスターしてほしい。

動画URL:【Accessの心臓はこれ】初心者でも分かるアクセスクエリの本当の使い方

気に入ったらシェア!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

いつもチャンネルをご視聴頂きありがとうございます!ユースフルは、キャリア教育とスキル教育に根を張るスタートアップです。熱量ある方はぜひご応募ください!https://form.run/@youseful-application

目次
閉じる