【体験談付き】MOS一般レベル合格に必要な勉強時間・方法・難易度を徹底解説!

MOS(Microsoft Office Specialist)はビジネスの世界でも近年ますます普及している、Microsoftツールのスキルを証明するための資格です。

しかし、ツールのほぼ全範囲にわたる理解が求められるため、勉強範囲が広く

「MOSを受験してみようと思うが、どうやって勉強すればわからない…」
「MOSの勉強はどのように進めればいいの?

と悩んでいる方もいるでしょう。

本記事では、MOSの一般レベルの勉強方法について、様々な方法を比較して詳しくご紹介します。

おすすめの対策本や講座もご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

監修者のご紹介

本記事は、2021年にMicrosoft MVPに選出され、ベストセラー「できるYouTuber式 Excel現場の教科書」の著者でもある、長内孝平が監修しています。

長内孝平(おさない・こうへい)| 伊藤忠商事出身 / Youseful株式会社代表取締役

▼経歴

フォロワー数は28万人を超える、日本最大級のビジネス教育YouTubeチャンネル「ユースフル」を運営すると共に、全国各地から受講できる2週間短期集中Excelトレーニング「ExcelPro」や「MOS Excel 365&2019 完全対策講座」を開発・運営する。

▼主な功績

2021年 Microsoft社よりMicrosoft MVPに選出。

Amazonベストセラー「できるYouTuber式 Excel 現場の教科書」著者。

MOS動画講座

\7日間全額返金保証つき/

MOS動画講座

\7日間全額返金保証つき/

目次

MOSについて

MOSの試験概要とは?

詳しい勉強方法に入る前に、MOSについて簡単におさらいしておきましょう。

MOSは、Microsoftも認定しているMicrosoftツールについてのスキルを証明する資格で、資格は各ツールやバージョンで分かれています。

さらにExcelとWordは、以下の2つのレベルに分かれています。

<MOSのレベルについて>

レベル詳細
一般ツールの主な機能を利用して、基本的な操作を理解している方が対象。
普段から実務でよく使われる機能が中心。
上級
(エキスパート)
ツールの高度な機能を利用して、さまざまなデータ処理を行える方が対象。
組織としてのファイル管理や共同作業を意識した機能など、実務で頻繁には使用されないものも含め、ワンランク上の生産性の高い機能が中心。

<試験科目一覧> ※2022年3月1日現在

試験科目一般レベル上級(エキスパート)レベル
Excel〇 *
Word〇 *
PowerPoint
Access〇 **〇 ***
Outlook
*   2013版ではPart1, Part2の2段階
**  2016版、2013版のみ     
*** 365&2019版のみ       

▼MOS資格の概要については、以下の記事でさらに詳しくご紹介しています。ぜひご覧ください。

MOSについて学習するメリットとは?

ここではユースフル編集部から2つのメリットをご紹介します。

メリット①:実務で活きるスキルが身につく

2つ目のメリットは、実務で役立つスキルが身につくということです。

MOS資格の特徴の1つが、ツール全般の広い知識が求められるということです。

つまり、MOSの試験対策を通じて、Microsoftのビジネスツールを網羅的に理解することができるということです。

MOS資格を取得して実際に使うことがあるかは決まっていなくても、MOS資格の対策を通じて毎日使うツールの活用度や対応力がアップするため、実務で活きるスキルも身に着けることができます。

試験の合格・不合格に左右されない挑戦のメリットがあるというのも、MOS資格のメリットの1つです。

メリット②:キャリアアップに活かすことができる

1つ目のメリットは、キャリアアップのための武器になるということです。

Microfost製品は、業界を選ばず多数の企業で使われている重要なツールです。

そのためMOS資格は、大手企業・中小企業を問わず多くの企業で新入社員研修や昇格条件として取り入れられています。

これから転職する可能性のある方は、転職時のキャリアアップのための武器として取っておくのもおすすめです。

▼MOS資格の概要や勉強方法については、以下の記事でさらに詳しくご紹介しています。ぜひご覧ください。

<Microsoft MVP・長内孝平からのコメント>

長内孝平

MOSは、「この資格さえあれば職が手に入る」というわけではありませんが、多くの仕事において欠かすことのできないMicrosoftツールのスキルを客観的に証明できる、有効な資格です。
またMOSでは、自己流でツールを使っているとつい抜けがちな機能も含めて学習するので、資格を取ったその先に、学習過程で身につけたことが実際にあなたの仕事で活きるのが魅力です。

<合格者の声>

30代男性・会社員

いままでぼんやりと知っていたことが、自分のなかで整理されて理解でき、Office製品を効率的に使えるようになった

顧客データの管理業務では、会議や議題によって効果的な分析方法が異なるため、Excelスキルが役立っていますし、分析資料や報告書の作成がスムーズになったことで、より「伝わる」資料を作ることができるようになったと感じています。
それと、わからないことが出てきても、MOSで覚えた基礎知識によって、どう言語化して調べればよいのかもわかるようになりました。
こうして新しい知識の習得にも一役買っていますし、MOSに合格した後も資格取得のために勉強したことが活きています。

(引用:https://mos.odyssey-com.co.jp/voice/2022/1_1.html)

MOS 一般レベルに合格するための勉強方法

では、MOSの一般レベルに合格するためには、どのような勉強が必要なのでしょうか?

MOS資格の具体的な対策について、ご紹介します。

▼MOS資格の勉強方法については、以下の記事でも詳しくご紹介しています。

ここからは、MOS Excelの一般レベルを想定して記載します。ツールが違っても基本的な対策方法や進め方は同じです。

MOS 一般レベルの合格難易度は?

MOSの一般レベルに合格するのは、どれぐらい難しいのでしょうか。

MOS資格は5つのツール・3つのバージョン・2つのレベルでそれぞれ分かれており、計21の科目があります。

<試験科目一覧> ※2022年3月2日現在

試験科目一般上級(エキスパート)
Excel(表計算ソフト)〇*
Word(文書作成ソフト)〇*
PowerPoint(プレゼンテーションソフト)
Access(データベース管理ソフト)〇**〇***
Outlook
(電子メール・情報管理ソフト)

引用:https://mos.odyssey-com.co.jp/outline/index.html

*   2013版ではPart1, Part2の2段階

**  2016版、2013版のみ     

*** 365&2019版のみ   

それぞれのツールに一般と上級(エキスパート)の2つのレベルがあり、受験するレベルによって求められるツールの理解度やスキルも異なります。

<2つのレベル>

レベル詳細
一般ツールの主な機能を利用して、基本的な操作を理解している方が対象。普段から実務でよく使われる機能が中心。
上級(エキスパート)ツールの高度な機能を利用して、さまざまなデータ処理を行える方が対象。組織としてのファイル管理や共同作業を意識した機能など、実務で頻繁には使用されないものも含め、ワンランク上の生産性の高い機能が中心。

引用:https://mos.odyssey-com.co.jp/outline/index.html

これからツールの勉強を始める方や、ツールに苦手意識がある方は、まずは一般レベルから挑戦してみるのがおすすめです。

ツールの使用経験があり、ある程度使いこなせるという方は上級(エキスパート)レベルに

挑戦してみましょう。
それぞれのレベル合格難易度はというと、試験範囲が広く対策は必要になるものの、きちんと勉強すれば合格できるレベルといえます。

ここでは、出題範囲・合格ライン・対策に必要な時間についてご紹介します。

出題範囲

MOS Excel 一般レベルは、セルやセル範囲への書式設定、数式の作成、テーブル機能、グラフの作成・編集など、Excelの基本的な操作が対象になっています。

MOSの運営であるオデッセイコミュニケーションズのホームページに公開されている、出題範囲をユースフル編集部でまとめました。

ワークシートやブックの管理・ブックにデータをインポートする
・ブック内を移動する
・ワークシートやブックの書式を設定する
・オプションと表示をカスタマイズする
・共同作業のためにコンテンツを設定する
セルやセル範囲のデータの管理・シートのデータを操作する
・セルやセル範囲の書式を設定する
・名前付き範囲を定義する、参照する
・データを視覚的にまとめる
テーブルとテーブルのデータの管理・テーブルを作成する、書式設定する
・テーブルを変更する
・テーブルのデータをフィルターする、並べ替える
数式や関数を使用した演算の実行・参照を追加する
・データを計算する、加工する
・文字列を変更する、書式設定する
グラフの管理・グラフを作成する
・グラフを変更する
・グラフを書式設定する
引用:https://mos.odyssey-com.co.jp/outline/excel365and2019.html

合格点・合格率

MOSの公式サイトによると、科目ごとの正確な合格点は公開されていないものの、1000点満点で550〜850点一般的には70%の正答率が合格ラインの目安と言われています。

合格率は公式には公開されていませんが、一般的には80%程度が合格すると言われています。

つまりMOSは、試験範囲が広く対策は必要になるものの、きちんと勉強すれば合格できるということです。

対策に必要な勉強時間

MOS合格に必要な勉強時間は、対策を始める時点でどの程度ツールを使えるかによって異なります

一般的には、総勉強時間では40~80時間、期間にすると2週間~2か月程度が必要と言われています。

今のレベルやスケジュールを考慮して、試験日から逆算してスケジュールを確保しておきましょう。

<Microsoft MVP・長内孝平からのコメント>

長内孝平

MOS Excelの一般レベルに合格したいなら、
・全くの初心者で苦手な方であれば80時間(4ヶ月前後) 
・学校で習った記憶がある方は60時間(3ヶ月前後)
・会社で使ったことがある方は40時間(2ヶ月前後)
・会社で使いこなしている方は20時間(1ヶ月前後)
ぐらい見ておくと安心です。

独学で合格するための勉強方法

では、合格するためには、どんな勉強方法があるのでしょうか。

ここでは、2つの勉強方法をおすすめ教材とともにご紹介します。

勉強方法①:オンライン講座で勉強する

ユースフル編集部から、社会人でMOS受験を考えている方に特におすすめしたいのが、オンライン講座を使った勉強方法です。

オンライン講座は、セクションごとにまとまった動画がパッケージになったもので、Excelの操作方法を視覚的・体系的に学ぶことができるのが特徴です。

<Microsoft MVP・長内孝平からのコメント>

長内孝平

MOSの学習は動画が一番オススメです。
MOSの問題は関数や機能の名前を暗記して答えるのではなく、与えられた事象に対して「どの機能をどのように使えば正しく処理できるか」という形式です。
学習の時点ではで、本の説明と自分のPCの画面を交互に見ながら1つ1つ辿って覚えるより、実際の操作画面を流れで見て、操作イメージを流れで覚えて、自分の手元で再現する方が格段に身につきやすいです。

メリット・デメリット・向いている人

では、オンライン講座を使った独学法にはどのような特徴があり、どのような人に向いているのでしょうか。

メリットとデメリットとしては、以下が考えられます。

メリット
  • Excelの操作手順を視覚的に学ぶことができる
  • 好きな時間・自分のペースで学習を進めることができる
  • わからないところを質問できる  ※チャットツールやメール対応
デメリット
  • 対面・リアルタイムでの質疑応答ができない

特に時間に制限のある社会人の方、安く体系的にMOS対策を行いたい方におすすめの勉強方法です。

MOS試験では、様々な実際に手を動かして正しく操作することが求められます。

合格するためには、機能の名前など静的な知識を覚えるだけなく、一連の操作という動的なイメージを覚えて身に着ける必要があります。

オンライン動画では、実際の操作画面を観ながら手順を覚えられるため、操作の手順やイメージを格段にわかりやすく、効率的に覚えることができます。

おすすめ教材:MOS Excel 365&2019スペシャリスト完全対策講座

ユースフル編集部おすすめのオンライン講座が、ユースフルが提供しているMOS Excel 365&2019スペシャリスト完全対策講座です。

数あるオンライン講座のなかでも本講座をおすすめする理由は2点あります。

おすすめポイント①:充実した動画内容

MOS合格に向けて綿密に構成された全69本の動画で詳しく学び、MOSに求められるスキルを網羅することができます。

さらに、動画には章末ごとの確認テスト5回分の模擬試験も含まれており、習熟度をチェックして着実にスキルアップすることが可能です。

おすすめポイント②:圧倒的な安さ

オンライン講座は通常、15,000〜50,000円程度の費用がかかってしまいます。

しかし、ユースフルの提供する上記の講座は9,800円(税込)で受講することができます。ユースフル編集部が調べる限り、この価格でMOS対策をできるオンライン講座はほかにありません。

おすすめポイント③:Microsoft MVP・長内孝平が監修

こちらの講座は、2021年にMicrosoft MVPに選ばれた長内孝平が監修しています。

<Microsoft MVP・長内孝平のコメント>

長内孝平

MOS Excelの合格に最短距離でたどりつけるよう、必要な機能や関数を厳選かつ網羅しました。MOSでは「正しい機能を正しい操作で活用し、課題を解決する力」が求められます。この「正しい操作手順」が誰でも理解できるよう、操作手順を丸ごと伝えられる「動画」という媒体で、分かりやすく説明しています。ユースフルが開発したMOSのオンライン講座であれば 、MOS資格試験で頻出するテーマを、わずか5〜6時間の動画学習を通じて直観的に身に付けることが可能です。

全69の動画でMOSの試験の出題範囲を完全網羅する対策講座です。受講して最短合格をめざしましょう。

勉強方法②:書籍で勉強する

「独学」と聞いて多くの方が連想するのが、本を使った勉強ではないでしょうか。

MOS試験においても、書籍を使った対策は有効な勉強方法の1つです。

▼書籍を使ったMOS資格の勉強方法については、以下の記事でも詳しくご紹介しています。

メリット・デメリット・向いている人

では、書籍を使った独学法にはどのような特徴があり、どのような人に向いているのでしょうか。

メリットとデメリットとしては、以下が考えられます。

メリット
  • 費用を抑えることができる
  • 好きな時間・自分のペースで学習を進めることができる
デメリット
  • 難しい内容も自力で理解する必要がある自己管理する必要がある

「とにかく費用を抑えたい」「自己管理能力には自信があり、Excelの知識もある程度あるので、自分の好きなタイミングで学習を進めたい」という方にはおすすめの勉強方法です。

しかし、約300ページ分の内容を、理解においてもペースにおいてもすべて自分ひとりで学習することは想像以上に大変です。

Excelは苦手で、自分ひとりで本の内容を理解できるか不安…」「仕事が忙しい中で後回しになってしまい、だらだらと伸びてしまわないか不安…」という方には、すこし不向きな学習方法かもしれません。

メリットや、特にデメリットをきちんと理解した上で選びたい学習方法です。

おすすめ教材:MOS Excel 365&2019 対策テキスト&問題集

おすすめの対策本は、FOM出版の『よくわかるマスター MOS Excel 365&2019 対策テキスト&問題集』です。

通称『緑本』とも呼ばれ、「この本を一冊で対策が完結する」と言う方も多く、MOS対策用の書籍としては一強といえます。

MOSの出題範囲を完全網羅しており、解説を読む→問題を解くというプロセスで実践力を養うことができます。

また、5回分の模擬試験がついているので、本番に近い形式で試験形式や時間配分まで対策可能です。

勉強方法③:パソコン教室

少し独学から外れてしまいますが、「きちんと自己管理できるか、自信がない……」「Excel初心者なので、困ったときにすぐに相談できる環境で学びたい」という方には、パソコン教室に通うという方法もあります。

メリット・デメリット・向いている人

パソコン教室の特徴としては以下があります。

メリット
  • 口頭+手元の操作の両方からレクチャーを受けることができる
  • 困ったときにその場で確認することが可能
デメリット
  • ほかの方法と比べて受講費用が高い可能性がある
  • 授業時間をセットできる時間帯が決められており、時間の自由度が比較的低い

日本全国に様々なパソコン教室があるため、あなたの通いやすい、MOS対策の講座を開講しているパソコン教室を探してみてください。

まとめ

いかがだったでしょうか。

MOSの一般レベルは、転職にも実務にも役立つ、取得するメリットの多い資格です。

出題範囲はツール範囲と広いものの、きちんと対策すれば高確率で合格することができます。

その対策方法としておすすめなのが、オンライン講座、なかでもユースフルが提供するMOS Excel 365&2019スペシャリスト完全対策講座です。

ポイントは、以下の3つです。

  1. 69の動画+章末問題+模擬試験という充実かつ効果的な内容で、着実に身につく
  2. オンライン講座の中では圧倒的なコストパフォーマンス
  3. Excelの操作方法を視覚的に学習することで圧倒的に効率が上がり、全出題範囲の動画学習を5〜6時間にまで短縮することができる

この記事を読んで、「自分には講座があっているかも……」と思った方は、ぜひ以下のMOS Excel 365&2019スペシャリスト完全対策講座で効率的に学び、MOSの最短合格を目指しましょう! 

MOS動画講座

\7日間全額返金保証つき/

MOS動画講座

\7日間全額返金保証つき/

Pch.vector – jp.freepik.com によって作成された school ベクトル

気に入ったらシェア!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

記事をお読みいただきありがとうございます!ユースフル編集部では、Excelをはじめとするマイクロソフト製品の活用法をわかりやすく紹介しています。ご興味ある方は、ぜひ他の記事もご覧ください!

目次
閉じる