【プロ監修】MOS上級レベル(エキスパート)に独学で最短合格できる勉強方法を紹介!

MOS資格はWordやExcelなどのマイクロソフトオフィス製品の利用スキルを証明できるマイクロソフト公認の国際資格です。

MOS試験は出題範囲が広く、受験するバージョンやレベルも複数あるので、

「MOSの一般レベルと上級レベルにはどのような違いがあるの?」
「上級レベル(エキスパート)はどのような勉強方法で進めるべき?」 

このような疑問をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。

そのようなお悩みを解決するべく本記事では、上級レベル(エキスパート)の勉強方法をご紹介します。さらに、一般レベルとの違い上級レベル(エキスパート)合格に必要な学習時間の目安もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

監修者のご紹介

本記事は、2021年にMicrosoft MVPに選出され、ベストセラー「できるYouTuber式 Excel現場の教科書」の著者でもある、長内孝平が監修しています。

長内孝平(おさない・こうへい)| 伊藤忠商事出身 / Youseful株式会社代表取締役

▼経歴

フォロワー数は28万人を超える、日本最大級のビジネス教育YouTubeチャンネル「ユースフル」を運営すると共に、全国各地から受講できる2週間短期集中Excelトレーニング「ExcelPro」や「MOS Excel 365&2019 完全対策講座」を開発・運営する。

▼主な功績

2021年 Microsoft社よりMicrosoft MVPに選出。

Amazonベストセラー「できるYouTuber式 Excel 現場の教科書」著者。

MOS動画講座

\7日間全額返金保証つき/

MOS動画講座

\7日間全額返金保証つき/

目次

MOS試験の概要

MOSはMicrosoft Office Specialistの頭文字をとっており、WordやExcelなどのマイクロソフトオフィス製品の利用スキルを証明できるマイクロソフト公認の国際資格です。

公式サイトによると、MOSの受験者数はのべ460万人以上(2021年6月30日現在の累計受験者数)に及びます。取得後は世界共通の「合格認定証」が発行され、日本以外の国でもOffice製品の操作スキルを証明できることも、ほかの資格試験とは違う大きな特徴です。

▼MOS資格取得のメリットについては、以下の記事でさらに詳しくご紹介しています。ぜひご覧ください。



MOS資格の受験方法には「全国一斉試験」「随時試験」の2つの受験方法があります。それぞれの試験日、試験会場、申し込み方法の違いは以下の通りです。

スクロールできます
全国一斉試験随時試験
試験実施日月に1回日曜日に実施
(2、3月は月2回開催)
2022年全国一斉受験スケジュールを見る
自分の好きなタイミング
(ほぼ毎日実施)
試験会場全国の一斉試験実施会場より選択
(申込みのときに選択した地域からオデッセイが指定)
全国約1700の試験会場より選択
試験会場を探す
主な申し込み方法試験日の約1ヶ月~1ヶ月半前から申込み開始
・クレジットカード(インターネットでの申し込みのみ)
・書店
・大学生協でのお支払い(郵送による申し込みのみ)
・銀行振込
・郵便振込
試験会場へ直接申し込み

双方で受験料や試験内容、合格認定証に違いはありませんのでご安心ください。

MOSのレベルと試験科目一覧

MOSのレベル

MOSは2つのレベルに分かれています。一般的な基本機能が中心の「一般レベル」と、より高度な機能が身につく「上級レベル(エキスパート)」の2つです。2つの違いを確認してみましょう。

スクロールできます
レベル詳細
一般レベルツールの主な機能を利用して、基本的な操作を理解している方が対象。
普段から実務でよく使われる機能が中心。
上級レベル
(エキスパート)
ツールの高度な機能を利用して、さまざまなデータ処理を行える方が対象。
組織としてのファイル管理や共同作業を意識した機能など、実務で頻繁には使用されないものも含め、ワンランク上の生産性の高い機能が中心。

試験科目一覧

すべてのオフィスソフトが一般レベルと上級レベル(エキスパート)に分かれているわけではありません。PowerPoint、Outlookは一般レベルのみの受験なのでご注意ください。(※2022年1月30日現在

スクロールできます
試験科目一般レベル上級レベル(エキスパート)
Excel〇 *
Word〇 *
PowerPoint
Access〇 **〇 ***
Outlook
*   2013版ではPart1, Part2の2段階
**  2016版、2013版のみ
*** 365&2019版のみ

MOSの試験科目はツールごとに分かれていますが、勉強の進め方は同じなので、この記事ではExcel対策を想定して記載していきます。MOS試験の取得メリットや一般レベルと上級レベル(エキスパート)の出題範囲の違いなどについてはこちらの記事で詳しく紹介しています。ぜひご覧ください。

上級レベル(エキスパート)の出題範囲と実務で活かせる例


引用:MOS公式サイト|マイクロソフト オフィス スペシャリスト(https://mos.odyssey-com.co.jp/about/)

上級レベル(エキスパート)の概要と出題範囲

概要と出題範囲は以下の通りです。ワークシートやブックの作成と管理、テーブルとテーブルのデータ管理、高度な機能を使用した数式の作成などが主な出題内容です。

また、MOSのExcel試験は、Excel 365&2019 、Excel 2016 、Excel 2013というExcelのバージョンに応じて3種類あるので、それぞれ見ていきましょう。

バージョンExcel365&2019Excel2016Excel2013
(part1,part2)
受験料一般価格:12,980円
学割価格:10,780円
一般価格:12,980円
学割価格:10,780円
一般価格:10,780円
学割価格:8,580円
試験方法コンピュータを使った実技試験(CBT)コンピュータを使った実技試験(CBT)コンピュータを使った実技試験(CBT)
試験時間50分間50分間50分間
出題範囲・ブックのオプションと設定の管理
・データの管理、書式設定
・高度な機能を使用した数式およびマクロの作成
・高度な機能を使用したグラフやテーブルの管理
詳細はこちら
・ブックのオプションと設定の管理
・ユーザー定義のデータ表示形式やレイアウトの適用
・高度な機能を使用した数式の作成
・高度な機能を使用したグラフやテーブルの作成
詳細はこちら
・ブックの管理と共有
・ユーザー設定の書式やレイアウトの適用
・高度な機能を使用した数式の作成
・高度な機能を使用したグラフやテーブルの作成
part1の詳細はこちら
part2の詳細はこちら

 難易度が高い部分としては、数式や関数の実行、グラフやオブジェクトの作成があります。普段使わないExcelの基本機能の操作が求められる可能性もあるため、ある程度の対策は必要になるでしょう。

一般レベルとの違い

一般レベルとの違いを出題範囲を見て比較してみましょう。

一般レベルの出題範囲上級レベル(エキスパート)の出題範囲
・ワークシートやブックの管理
 ・セルやセル範囲のデータの管理
 ・テーブルとテーブルのデータの管理
 ・数式や関数を使用した演算の実行
 ・グラフの管理
・高度な機能を使用したグラフやテーブルの管理
・ブックのオプションと設定の管理 
・データの管理、書式設定 
・高度な機能を使用した数式およびマクロの作成 
・高度な機能を使用したグラフやテーブルの管理

一般レベルは「ワークシート、ブック、セル、テーブルの基本操作、見栄えのする表やグラフを作成・編集すること」に重点を置いています。

上級レベル(エキスパート)は「ブック、グラフ、テーブルの応用操作、関数やレイアウトの設定をして、フォーマットを整えること」に重点を置いています。そのため、高度な数式の活用やデータ分析、マクロなど、効率性に着目した高度な機能のスキルが問われます。

上級レベル(エキスパート)の知識をどのように活かせる?

上級レベル(エキスパート)の出題範囲をマスターしたら、仕事でどのように活用できるのでしょうか。それぞれの機能ごとに活用例を見てみましょう。

  • 条件付き書式の活用例
  • ピボットテーブルとピボットグラフ、スライサー機能の活用例
  • マップグラフの活用例
(引用:Microsoft公式HP マップ グラフを作成する Excel

上級レベル(エキスパート)の出題範囲をマスターすると、上記のようにデータを見やすくしたり、グラフ化、グループ化できるようになります。上記のスキルイメージの「活用する機能」と「できること」の一部を表にまとめてみました。

活用する機能できること
条件付き書式条件を満たす特定のセルにのみ色を付けることができる
シートの保護機能第三者とシートを共有しても数式や書式が壊れない
ピボットテーブル
ピボットグラフ
大量のデータを集計、分析、表示することができる
スライサー機能ピボットテーブルのデータを素早くフィルタリングできる
データの入力規則 リストの入力ミスを防止する
マップグラフ塗り分け地図を作成できる

このほかにも関数を組み合わせて活用する方法(例:IF関数とVLOOKUP関数の組み合わせ)や高度な関数の応用、簡単なマクロの作成や変更も上級レベル(エキスパート)を学ぶことでマスターすることができます。

上級レベル(エキスパート)の合格率と合格点目安

合格率は非公表なので正確にはわかりませんが、ユースフル編集部調べによると、上級レベル(エキスパート)の合格率は約60%といわれています。

上級レベル(エキスパート)の合格基準点も非公表で正確にはわかりませんが、1000点満点の試験で550点〜850点の範囲が目安です。ユースフル編集部調べによると、近年の試験では700点以上が合格点となっており、700点が合格基準点と考えてよいでしょう。

また、試験日ごとに数問の違いはありますが、本番のMOS試験では全部で50問前後出題され、1問あたり20点〜30点という配分です。

上級レベル(エキスパート)の合格率が約60%であることを考慮しても、70%以上解けていれば合格に限りなく近いといえます。問題数に換算すると35問以上解けていれば合格でしょう。MOSを運営する「オデッセイ・コミュニケーションズ」の公式HPから下記のような回答がされています。

科目ごとの合格点は公開しておりませんが、1000点満点で550点〜850点の範囲が目安となります(科目によってはこの範囲に当てはまらないものもあります)。合格点は試験問題の更新などにより変動することがあります。 合格点は試験終了後にパソコン画面に表示されます。また、試験終了後にお渡しする試験結果レポートにも合格点が記載してあります。

引用:オッデセイコミュニケーションズ公式HP(https://mos.odyssey-com.co.jp/faq/detail1.html#detail1_7

合格に必要な学習時間の目安

上級レベル(エキスパート)の合格に必要な学習期間を勉強方法ごとにユースフル編集部でリサーチしました。ここでは、初心者はExcelをまったく扱ったことがない人、経験者はExcelを業務で扱ったことがある人を指します。

独学(テキスト)パソコンスクールオンライン講座
初心者約3か月~
(毎日1~2時間勉強した場合
約3か月~5か月
(週1回のペースで通った場合)
約1か月~
経験者~約3か月
(毎日1~2時間勉強した場合
約1か月~3か月
(週1回のペースで通った場合)
約1か月

オンライン講座は自分の好きなタイミングで体系的・視覚的に学ぶことができるので、もっとも学習期間が短くなるでしょう。パソコンスクールは直接レクチャーを受けることができますが、週に1回の通学では合格に数か月かかる見込みです。

パソコンスクールやオンライン講座には、講座のなかに初心者向けの講座や中程度レベル対象の講座、試験対策の短期講座などがあるので、受講する講座によっても学習期間が前後することに注意してください。

また、ユースフル編集部調べによると、上級レベル(エキスパート)合格に必要な勉強時間は、初心者では80時間以上、経験者では45時間以上といわれています。

勉強方法やExcelにどの程度慣れているかにもよりますが、Excelに慣れている方でも上級レベル(エキスパート)合格するために試験対策は必須だといえるでしょう。

上級レベル(エキスパート)の勉強方法

上級レベル(エキスパート)合格を目指す方にMOS学習の基本として知っておいていただきたい勉強方法は、「オンライン講座」「独学(テキスト)」「パソコンスクール」の3つです。ここからはそれぞれの勉強方法とどんな方が向いているかを解説していきます。

オンライン講座

ユースフル編集部が上級レベル(エキスパート)の勉強を考えている方に最もおすすめしたい勉強方法オンライン講座です。上級レベル(エキスパート)の出題範囲は一般レベルよりも応用的な内容が多く、テキストのみで学習することは非常に難しいでしょう。

オンライン講座で学習することで、講師の操作するExcel画面を見ながら、自身もExcel操作でき、視覚的に学習を進めることができます。

学習の進め方

オンライン講座は動画を活用して視覚的にMOS対策を行うことができます。どこからでも受講可能なため、パソコンスクールに通うことが難しい方も無理せず学ぶことができます。

さらに、費用も安く、学習も好きなタイミングで取り組むことができます。対面での質疑応答ができないデメリットもありますが、オンライン講座によってはメールやチャットを通じて質問することができ、スクールと遜色なく学ぶことも期待できます。

オンライン講座の学習に向いている人

オンライン講座に向いている人は以下のような人です。

向いている人
・時間に制限がある社会人
・好きなタイミングで勉強したい人
・人から教えてもらいたい、その上、費用を抑えたい人

働きながら上級レベル(エキスパート)合格を目指している方にはオンライン講座の勉強が最もおすすめです。時間に制限があり、パソコンスクールに通う時間を確保することは難しいでしょう。オンライン講座はパソコンさえあれば、いつでも・どこでも受講することができます。

ユースフルが提供するMOS講座が最もおすすめ

上級レベル(エキスパート)対策をオンライン講座で行うなら、ユースフルが提出するMOS完全対策講座がおすすめです。

MOS完全対策講座はMicrosoftMVP監修の講座最短でのMOS合格を実現することができます。一般レベル・上級レベル(エキスパート)のレベル別に分かれており、上級レベル(エキスパート)に特化した対策を行うことができます。

おすすめポイント①:充実した動画内容

全69本の動画で詳しく学び、MOSに求められるスキルを網羅的に獲得できます。さらに、動画には章末ごとの確認テスト5回分の模擬試験も含まれており、習熟度をチェックすることもできます。

おすすめポイント②:圧倒的な安さ

オンライン講座は比較的安いですが、それでも15,000〜50,000円程度の費用がかかってしまいます。しかし、ユースフルの提供する上MOS対策講座は9,800円(税込)で受講することができます。ユースフル編集部が調べる限り、この価格でMOS対策をできるオンライン講座はほかにありません。

MOS講座受講者の声

以下、MOS講座の受講者アンケートとMOS講座のコメント欄に寄せられた感想を一部ご紹介します。

受講者の声①

とても明瞭な口調での解説で、また清潔感のある講師だったので、意欲的に進めることができました。細かいところもほぼ省かずに丁寧に説明してくれていたので、以前のコマの内容を一部忘れていたとしても理解できないことはありませんでした。動画が細かく分けられていたので、仕事中の隙間時間に受講もできました。(原文ママ)

受講者の声②

本日MOS試験を受けに行って満点合格をすることができました!!
動画1本1本短くて分かりやすくコツコツ見ながら学習することが出来たのがとても良かったです。また、他のソフトウェアも受けてみようと思います。本当にありがとうございました!!(原文ママ)

独学(テキスト)

学習の進め方

独学はMOSの対策本を利用して勉強するのが一般的です。最も費用を抑えることができ、自分のペースで学習を進めることができるでしょう。自分のペースで計画的に学習できる人にとっては独学がおすすめです。

ただし、独学には注意が必要です。300ページ近くあるMOS対策本をすべて自力で理解し、独自でパソコンでアウトプットしてExcel操作をマスターする必要があります。

また、オンライン講座やパソコンスクールの授業と比較すると、テキストベースなので操作方法が理解しにくい可能性があります。上級レベル(エキスパート)は複雑な操作も多いため、自分に合ったテキスト選びが重要になるでしょう。

テキスト選びのコツ

より効率的に独学で勉強するには、自分の勉強スタイルに適したテキストを選ぶ必要があります。ここではテキストを選ぶ方法を勉強スタイルに合わせて、2パターンご紹介します。

説明文重視

独学で勉強しようと考えている初心者の方には、基本からわかりやすく学ぶことができるので説明文の多いテキストがおすすめです。マイクロソフトオフィス製品の細かな知識や活用方法をしっかりと勉強し、実務でも活かしたい方はこのようなテキストを選ぶと良いでしょう。

じっくりと勉強することで、MOS合格後も知識が抜けにくくなり、Excel業務に学んだことを活かせるでしょう。

説明文重視のテキストで特におすすめの一冊が『よくわかるマスターMOS Excel 365&2019 Expert 対策テキスト&問題集』です。

MOSの対策本として絶大な人気を誇る一冊です。 通称「緑本」と呼ばれ、出題範囲の機能の操作方法や押さえておきたいポイントを丁寧に解説しています。また、実習問題や模擬試験問題もついているため、対策はこの一冊で十分といえるでしょう。

問題集重視

MOS資格が早急に必要で、知識を深めることよりも全体的な知識を広く浅く習得したい方には問題集形式のテキストがおすすめです。

説明の内容が少ない分、重要な部分は問題として出題されており、その問題を解くことで効率的に学ぶことができます。

Excelスキルに自信のある方にはおすすめですし、ほかの勉強方法で学んだあと、問題形式に慣れるためにこのテキストを選ぶのも勉強方法のひとつでしょう。

問題集重視のテキストで特におすすめの一冊が『MOS攻略問題集Excel 365&2019エキスパート』です。

MOS上級レベル(エキスパート)の出題範囲を完全に網羅しており、練習問題と模擬テストを解きながら、MOS試験の合格に必要なスキルを確実に身に付けることができます。

独学の学習に向いている人

独学に向いている人は以下のような人です。

向いている人
・Excelスキルに自信のある人
・自分で学習計画を立てられる人
・自分でモチベーションを保ちながら、学習を続けられる人

上級レベル(エキスパート)は出題内容も難しいのでExcel業務を普段からこなしており、Excelスキルに自信のある方は最も費用を抑えて勉強できるので非常におすすめです。

また、ある程度Excelスキルに自信があり、すべてひとりで学習管理を行える方も向いている勉強方法でしょう。 

▼書籍を使ったMOS資格の勉強方法については、以下の記事でも詳しくご紹介しています。

パソコンスクール

学習の進め方

パソコンスクールは、パソコン教室に通って直接教えてもらいながら、MOS対策を行うことができます。個別指導や少人数指導をしているパソコンスクールが多く、わからないことをすぐに聞くことができます。

ただし、通学する必要があり、時間に縛られてしまうため、時間に制限のある働いている方はパソコンスクールに通うことが難しい可能性もあります。そのため、時間に余裕がある初心者の方にはおすすめです。

パソコンスクールの学習に向いている人

パソコンスクールに向いている人は以下のような人です。

向いている人
・時間に余裕がある人
・Excelスキルに自信がないから、イチから丁寧に教えてもらいたい初心者
・学習管理をしてもらいたい人

パソコンスクールに通う最大のメリットは分からない箇所をその場で直接レクチャーしてもらえることでしょう。上級レベル(エキスパート)の出題内容は操作方法が複雑なものが多いため、Excelを扱ったことがなく、ゼロから学習を始める初心者の方には非常におすすめといえます。

また、長期的にコツコツ対策したいという方はパソコンスクールであれば学習管理もしてもらえるため、モチベーションを保ち続けることができるのでおすすめでしょう。

まとめとおすすめ講座の紹介

MOS上級レベル(エキスパート)の勉強方法を中心に、出題範囲や一般レベルとの違い、合格に必要な学習期間の目安などをご紹介してきました。特に、「オンライン講座」「独学」「パソコンスクール」3つの勉強方法について理解を深めることができたでしょうか。

勉強方法向いている人
オンライン講座・時間に制限がある人
・比較的費用も安く抑えつつも、教えてもらいながら学習を進めたい人
独学(テキスト)・とにかく費用を抑えたい人
・すべてひとりで学習管理を行える人
パソコンスクール・ゼロから丁寧にレクチャーしてほしい初心者
・長期的にコツコツ学習したい人

自分のスタイルに合った勉強方法を見つけて、MOS上級レベル(エキスパート)合格を目指しましょう。

MOS動画講座

\7日間全額返金保証つき/

MOS動画講座

\7日間全額返金保証つき/

Pch.vector – jp.freepik.com によって作成された business ベクトル

Pch.vector – jp.freepik.com によって作成された school ベクトル

Pch.vector – jp.freepik.com によって作成された school ベクトル

Pch.vector – jp.freepik.com によって作成された school ベクトルExcelMicrosoft

気に入ったらシェア!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

記事をお読みいただきありがとうございます!ユースフル編集部では、Excelをはじめとするマイクロソフト製品の活用法をわかりやすく紹介しています。ご興味ある方は、ぜひ他の記事もご覧ください!

目次
閉じる