【これだけは絶対覚えて!】実務でよく使うExcelの重要関数5選

この記事ではユースフル編集部が選んだ、使用頻度の高いExcelの関数を5つ厳選してご紹介します。

この5つすべての記事を読み終わったあなたは、Excelの重要な関数をマスターし、素早く、効率的にExcelを使いこなすことができるようになるでしょう。

Excelを使うすべての人にとって非常に重要な関数なので、今から紹介するこの5つの記事でマスターしましょう!

目次

① IF関数:複雑な条件・論理式を扱う

まずひとつ目はIF関数です。IF関数は、ビジネスの場で非常によく使われる関数です。

この記事では、IF関数の使い方と論理式の仕組みを詳しく解説しています。特にIF関数の構造や操作方法を画像つきでわかりやすくご紹介しています。

この記事を読んでわかること
  • IF関数の使い方
  • 論理式の仕組みと使い方
  • IF関数を組み立てるために重要な6つの比較演算子

IF関数の論理式の使い方を一度正確に覚えてしまえば、使い回して手間と時間を省くことが可能です。

この記事を読めば、複雑な条件や論理式もすぐに理解できます。IF関数の構造や操作方法を画像つきでわかりやすくご紹介していますので、ぜひご覧ください。

ぜひマスターして、業務効率化を図りましょう。

② AND関数とOR関数:複雑な条件を指定する論理関数

2つ目は、AND関数とOR関数です。

AND関数・OR関数を学ぶことで、より複雑な関数を第1引数に組み込めるようになりましょう。

この記事を読めば、AND関数、OR関数の使いかたを正確に理解することができ、さらにこれらの関数を使うときによく用いるショートカットキーも学ぶことができます。

この記事でわかること
  • AND関数、OR関数の使い方
  • IF関数にAND関数を組み込む方法
  • AND関数でよく用いられるショートカットキー

この2つの関数を使いこなすことができれば、先ほどご紹介したIF関数の第1引数に指定した論理式に複雑な実務向きの関数を組むことができるようになります。

簡潔に述べると、IF関数と組み合わせて、より高度な論理式を作ることができます!

この2つの関数を活用して、より複雑な関数を第1引数に組み込めるようになりましょう。

ぜひこの機会にマスターして、業務効率化を図りましょう。

③ COUNTIFS関数:指定した条件のセルを数える

3つ目は、COUNTIFS関数です。

COUNTIFS関数を学ぶことで、特定の文字列や数値など、指定した条件に合ったセルの数を数えることができます。

記事ではこの関数を、誰が何をどのくらい販売したのかというケースで解説しています

この記事でわかること
  • COUNTIFS関数の機能
  • COUNTIFS関数の使い方
  • COUNTIFS関数を使う際のポイント・注意点

COUNTIFS関数は、条件に当てはまるデータのみを数えたいときに非常に便利です。

この記事を読めば、そんなCOUNTIFS関数の機能から実務の中で使い方がわかります。

ぜひこの機会にマスターして、データを素早く数えられるようになりましょう。

④ SUMIFS関数:条件を満たす数値の合計を算出

4つ目は、SUMIFS関数です。

SUMIFS関数を学ぶことで、条件を満たす数値データの合計を瞬時に算出することができます。

この記事では、特定の商品の合計金額と個人ごとの合計金額を求めるという2つの例を用いてSUMIFS関数を解説しています。

この記事でわかること
  • SUMIFS関数の機能
  • SUMIFS関数の使用例

SUMIFS関数を使うことができれば、特定の商品の売上合計を算出したり、条件を満たしてデータだけを合計したいときなど、実務でExcelを使用する際に非常に役立ちます。

この記事を読めば、そんなSUMIFS関数の機能と実際の使い方を知ることができます。

ぜひこの機会にマスターして、瞬間的に求めたいデータの合計を算出できるようになりましょう。

⑤ ROUNDDOWN関数:小数点以下を切り捨てる

最後は、ROUNDDOWN関数です。

ROUNDDOWN関数を学ぶことで、指定した位以下を切り捨てて処理することができるようになります。

ROUNDDOWN関数は、実務で消費税などを計算する際によく使われます。

国税庁では、消費税の課税によって発生した端数は、すべて切り捨てと定められています。

このように、効率化のためにもROUNDDOWN関数を活用して、「小数点以下を切り捨てて整数に直す」作業を一瞬でできるようになりましょう。

この記事でわかること
  • ROUNDDOWN関数の使い方
  • ROUNDDOWN関数をの引数の指定をするときの注意点

ROUNDDOWN関数を使うことができれば、実務での小数点を切り捨てを簡単に処理することができます。

この記事を読めば、そんなROUNDDOWN関数の機能と実際の使い方を知ることができます。

ぜひこの機会にマスターして、小数点の切り捨てを瞬間的にできるようにしましょう。

まとめ

各記事の概要は理解できたでしょうか。

Excelの関数の活用に自信のない方は、この記事を何度もチェックして、確実に知識を身に付けていきましょう。自信のある方は、不安のある内容からチェックしてみましょう。

この記事ではExcelの重要な関数5つをまとめてきましたが、さらに業務効率化を目指していきたいという方は、ExcelPro(エクセルプロ)もぜひチェックしてみてください。

ここまで読んで「Excelをもっと学びたい」「実務で活かせるようになりたい」と思った方におすすめなのが、ユースフルが提供するオンライン講座の『ExcelPro(エクセルプロ)』とMOS Excel 365&2019スペシャリスト完全対策講座』。

講座①:ExcelPro(エクセルプロ)

ExcelPro(エクセルプロ)

ExcelProは108本の動画と15の演習問題で実務に直結するExcelスキルが学べるオンライン講座。全てのレッスンにサンプルシートがついており、講義と同じデータで学習を進めることができます。

さらに、充実した動画内容に加えてメールでの質問サポート付き。受講時にわからなかったことは質問することで復習につなげることができます。

口コミが気になる方は下記の記事をご一読ください。実際のExcelProの受講者の声から口コミや評判を紹介しています。

講座②:MOS Excel 365&2019完全対策講座

ユースフルではMicrosoft MVPの監修のもと、MOS試験(スペシャリスト・エキスパート)対策講座を提供しています。

約70の豊富な動画講座・各章末の確認テスト・5回の模擬試験を通じて試験の出題範囲をすみずみまで学び、最短合格を目指しましょう!

【ユースフル提供】MOSスペシャリスト完全対策講座

9,800円(税込)

おすすめポイント
  • 全69動画
  • 各章末に確認テスト
  • 5回の模擬試験
【ユースフル提供】MOSエキスパート完全対策講座

12,800円(税込)

おすすめポイント
  • 全74動画
  • 各章末に確認テスト
  • 5回の模擬試験
気に入ったらシェア!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

記事をお読みいただきありがとうございます!ユースフル編集部では、Excelをはじめとするマイクロソフト製品の活用法をわかりやすく紹介しています。ご興味ある方は、ぜひ他の記事もご覧ください!

目次
閉じる